無料の会員登録をすると
お気に入りができます

パステルあんこの串だんごが可愛くっておいしい「十五番カフェ京都店」

旅行・おでかけ

おだんごの進化系!パステルカラーの串だんごや、五重塔のようなぐるぐる巻きのタワーにだんごをのせたパフェなど、ワクワクするぐらい可愛い和スイーツと鉄瓶でいれる日本茶が楽しめる「十五番カフェ京都店」。兵庫県三田の森の中にある有名な古民家カフェ「吹上の森」の姉妹店です。

錦市場すぐの好立地、なのに見逃し注意の理由とは?

「十五番カフェ京都店」があるのは、“京の台所”錦市場から麩屋町通を下がって(南へ)20メートルほどの場所。

なぜ分かりにくいかというと、路面に「川端滝三郎商店」という日本の手仕事で使う道具を商う雑貨店があり、その店舗の奥に2階に「十五番カフェ京都店」へと続く階段があるから。

さりげない目印。目指してこないと、なかなか気づきにくいカフェエントランスです。

店内はこんな感じ。右手にテーブル席、左手にキッチンスペースがあり、奥の窓際がカウンター席になっています。

昔ながらの瓦屋根の日本家屋が目の前にあり、京都の町らしい風情があります。しかも無料wi-fi完備で、リモートワークの気分転換に使えそう。

映えるだんご&パフェで和スイーツを満喫

十五番 季節の彩りだんご 1100円 煎茶またはほうじ茶(cup)付き

さて、ここからはメニューをご紹介。SNSなどで“映えるだんご”と話題になっていたこちらは「十五番 季節の彩りだんご」。この時のあんこは抹茶、栗きんとん、桃。上には黒豆、栗、桃がトッピングされています。

店名の「十五番」は、オハコ(十八番)を三歩後ろから追いかけるという意味と十五夜にだんごを食べることをかけあわせて付けられたそう。それだけにだんごに対しての思いは強く、炙るだんご、炙らないだんご、タレをかけるだんご、きな粉をかけるだんご、それぞれに国産うるち米100%を使っていて、こねるときの水分量などを変えているそう。

十五番 炙りだんご 1000円

その炙るだんごがこちら「十五番 炙りだんご」。少し空気が冷えこんでくる秋から春先にかけての人気のメニューです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ