無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイニングスペース派?リビング派?一人暮らしのダイニングテーブル事情!

一人暮らしのお部屋で、ダイニングテーブルはどのように選べば良いのでしょうか。お部屋のスペースや間取りにもよりますが、ダイニングスペースを確保するかリビングスペースで食事をとるスタイルにするかのどちらかを選ぶ方が多いようです。今回は、実際に一人暮らしをされている方のダイニングテーブルをご紹介します。

Sayang

インテリア

ガラストップのテーブルは床が透けて見えるので圧迫感がありません。

フレームや棚、脚はブラックアイアンでスタイリッシュな雰囲気です。

ヘリンボーン柄の天板①

www.rigna.com

11.2畳のワンルームを、ベッドスペースとリビングスペース、キッチンに分割しているレイアウトです。

中央のリビングスペースには、存在感のある大きなキャメルレザーソファとピンクが目を引くカラフルなパッチワークチェアが置かれています。

ローテーブルは天板がヘリンボーン柄になっているもの。

幅は細いのですが、長さがあるのでお客様がいらしたときも十分対応できるサイズです。

ヘリンボーン柄の天板②

www.rigna.com

上と同じローテーブルを使ったインテリアをもう1つご紹介します。

こちらは、13.9畳のワンルームです。

ベッドに向かい合うように設置された、ロータイプのソファとヘリンボーン柄のローテーブルがマッチしています。

窓の近くなので採光も充分ですね。

ベッドに腰掛けても、コーヒーを手に取りやすい位置にテーブルが置かれています。

こんなテーブルアイデアも!

ピクニックセットのようなダイニングテーブル

www.goodrooms.jp

ワンルームのお部屋で一人暮らしをされている場合、コンパクトなスペースに合わせたダイニングテーブルが見つからない!ということもあるかもしれません。

こちらのお部屋では、折り畳み式のピクニックセットのような軽やかなデザインのダイニングテーブルと椅子がチョイスされています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ