無料の会員登録をすると
お気に入りができます

緑溢れる環境でDIY。日々の生活を楽しむ二人暮らしの3LDKインテリア[私らしく暮らす]

インテリア

首都圏でありながら都会の喧騒を感じさせない、自然豊かな土地でのmaruさんのお部屋。一人暮らしの時から大きく変わったと話されるライフスタイルと住まいづくりについてお話を伺ってきました。

上質な質感と絶妙なシルエットで大人気!《プチバトー》のTシャツシリーズ

グリーンビューを楽しむお部屋

maruさんが一人暮らしの時から住んでいたエリアで探されたお住まいは、駅から徒歩10分以内でありながら、窓からは森が見える自然溢れるお部屋。引越ししてしばらくは毎日ふたりで周辺を散歩されたと話されるように、物件はもちろん街にも惹かれた様子が伺えます。

「初めて訪れた際に、この緑に圧倒されました。外からの視界も広大なグリーンに遮られているので、カーテンを閉じることがほとんどありません」(maruさん)

ご主人はキャンプ好きとのことで、ベランダに出れば気軽にキャンプ気分を味わえるのも良かったのだそう。春から夏にかけてはより多くの緑が生い茂るとのことで、外の景色を見るだけで癒されそうです。

キャンプグッズは家の中でも大活躍。ご主人の憩いの場でもある、キッチン前のダイニングスペースは椅子もテーブルもキャンプグッズを使った空間に。

キッチン裏にはクーラーボックスを収納道具としても活躍していました。

また緑溢れる空間は室内にもありました。窓際には記念日などに合わせて買い足されているという植物が並んでいます。

「午前中の日当たりが良いこともあって、2年間でぐんぐん成長してきましたね」(maruさん)

室内では植物の成長が、窓から外を眺めると四季の移ろいが楽しめることで、日々も心穏やかに過ごせそうです。

ふたりでつくる使いやすいお部屋

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ