無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[放っておくと危険!]熱中症の予防法とおすすめレシピ5選

レシピ

暑い夏に特に注意したいのが「熱中症」。軽度の症状から、命に係わる重度の症状まで、熱中症はとても危険な体のサインです。今回は、熱中症の予防法と、おすすめレシピをご紹介いたします!

熱中症はなぜ起きる?

熱中症を引き起こす「条件」

熱中症を引き起こす条件として、「環境」、「からだ」、「行動」があります。
○環境:気温が高い、湿度が高い、風が弱いなど
○からだ:発汗のコントロールが難しい乳幼児や高齢者、脱水状態など
○行動:激しい筋肉運動や慣れない運動、長時間の屋外作業、水分補給できない状況など
これらの条件が重なることにより、体内に熱が溜まってしまった状態が「熱中症」です。

熱中症を予防するためのポイント

○涼しい服装
○日陰を利用
○日傘・防止の活用
○水分・塩分の補給
徐々に体を暑さに慣らすことが大切です。室内でも、気付かないうちに脱水状態になる場合もありますので、こまめに水分補給を意識しましょう。また、暑くなると食欲が低下しやすくなります。食事量が少なくなると、体力が落ち、熱中症になりやすくなりますので、食事はしっかりと摂ることがポイントです。次は、暑い夏でも食べやすい、熱中症予防おすすめレシピをご紹介いたします!

熱中症予防におすすめ!レシピ5選

タイ風ピリ辛ポーク丼

ビタミンB1を多く含む豚肉と、ビタミンB1の働きをサポートするアリシンを含む玉ねぎで、エネルギー代謝を促進します♪

「タイ風ピリ辛ポーク丼」のレシピはこちら!

かぼちゃの冷製スープ

夏に嬉しいレンチン料理♪冷たいスープなので、暑い日にもおすすめです。

「かぼちゃの冷製スープ」のレシピはこちら!

ピリ辛豚しゃぶそうめん

麵だけになりがちなそうめんの、アレンジメニューです。豚肉と生野菜をトッピングすることで、見た目にも鮮やかで栄養満点な一品になりますよ。

「ピリ辛豚しゃぶそうめん」のレシピはこちら!
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ