無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今こそ[食中毒対策]テレビで話題「おにぎりが傷みにくい裏ワザ」農林水産省が教える「正しい食品の保存法」も

レシピ

こんにちは、ヨムーノ編集部です。

気温が高いこの時期は食中毒のリスクが高いため、食べ物の扱いには特に気を付ける必要があります。

そこで今回は、この時期のお弁当作りや食品の保存で気を付けたいポイントをご紹介!
「知っているようで知らなかった!」と大反響だった記事をまとめましたので、ぜひおさらいしてみてください。

テレビで話題【おにぎりを傷みにくくする裏ワザ】

まずは、テレビ番組「くりぃむしちゅーのハナタカ優越館」で紹介された【おにぎりを傷みにくくする裏ワザ】を実践します。チャレンジしてくれたのは、ヨムーノライターのMakiさんです!

テレビで紹介!おにぎりご飯を傷みにくくさせる裏ワザ

裏ワザはとっても簡単。ご飯に「オリーブオイルを混ぜる」だけ!お茶碗1杯分のご飯に小さじ1/2程度のオリーブオイルを混ぜます。

オリーブオイルには、ポリフェノール類やビタミンEなどの抗酸化物質が含まれているため、ご飯に混ぜると傷みにくくなるそうです!

...とはいえ、オリーブオイルを入れることで、"握りにくくならないの?""味はおいしいの?"などと、気になりますよね。そこらへんの疑問を解消しながら、早速、おにぎりの作り方を紹介します!

オリーブオイルを混ぜておにぎりを握ってみた

食中毒対策もかねて、ご飯は素手ではなく、ラップで包んで握りました。

握りにくさや着色の心配はなし!

ボウルにご飯とオリーブオイルを入れて、よく混ぜます。オリーブオイルを混ぜても、ご飯はばらけずに、いつも通り握れました。ぬるぬる感もありません。

おにぎりにオリーブオイルの色が付かないのかも、心配でしたが、お米は白いまま仕上がりました。

オリーブオイルの香りが気になるかも

食べてみると、私はオリーブオイル独特の香りがちょっと気になりました。おにぎりが冷めてからも食べてみましたが、香りはあまり飛びません。オリーブオイルの香りが好きな人にはたまらないかも。

オイルのおかげか、冷めてもご飯はパサつかずしっとりしていましたよ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ