無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ポーズ力を上げる!キーマッスル“お腹と横尻の筋肉”を鍛える「ヨガ筋トレ」

美容

いつも同じポーズでアライメントが崩れやすかったり、キープが辛かったりするのは、カギを握る筋肉が不足しているからかもしれません。そこを効率よく鍛えるトレーニングで、あなたの「できない」を克服。日本のみならずハワイでも支持される人気ヨガインストラクター、エドワーズ壽里先生に教えていただきました。今回のテーマは、体幹!

ヨガジャーナル日本版編集部

できないお悩み1:ヴルクシャーサナで体がグラつく

NG:軸足が不安定で、上体が左右に傾く

ヴルクシャーサナのNG/Photo by Sayaka Ono

A.お腹と横尻の筋肉で体を真っすぐにキープ

お腹の前面と横尻の筋肉強化がポイント。腹筋に力を入れて片脚立ちのバランスをとり、お尻が横に突き出ないようにして横尻を刺激。

ヴルクシャーサナ/Photo by Sayaka Ono

HOW TO

1.両脚を揃えて立ち、背骨を伸ばす。両手を腰に当てて左膝を曲げる。お腹を引き上げ、軸脚の膝を伸ばす。

ヴルクシャーサナのトレーニング/Photo by Sayaka Ono

2.背骨を長く保ったまま、上体を前傾。左脚を後ろに伸ばし、右手の指先を床につける。上体を起こして元の姿勢に。5回繰り返し、反対側も。

POINT:骨盤を真下に向ける

キャプション/Photo by Sayaka Ono

できないお悩み2:アルダチャンドラーサナで上体が前傾しちゃう

NG:脚を上げたときに骨盤が前に傾き、姿勢が崩れる

アルダチャンドラーサナのNG/Photo by Sayaka Ono

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ