無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ポーズ力を上げる!キーマッスル“お腹と横尻の筋肉”を鍛える「ヨガ筋トレ」

美容

いつも同じポーズでアライメントが崩れやすかったり、キープが辛かったりするのは、カギを握る筋肉が不足しているからかもしれません。そこを効率よく鍛えるトレーニングで、あなたの「できない」を克服。日本のみならずハワイでも支持される人気ヨガインストラクター、エドワーズ壽里先生に教えていただきました。今回のテーマは、体幹!

ヨガジャーナル日本版編集部

A.肘と膝をタッチして脇腹の筋力を高める

横向きのバランスポーズでは、体側を伸ばしてキープする脇腹の筋力がマスト。肘と膝を対角線上にタッチし、脇腹への刺激を強めます。

アルダチャンドラーサナ/Photo by Sayaka Ono

HOW TO

1.両脚を揃えて立ち、右腕を斜め上に上げる。右足に体重をのせて左脚を上げ、左手を腰に当てる。右腕~左脚は一直線に。

アルダチャンドラーサナのトレーニング/Photo by Sayaka Ono

アルダチャンドラーサナのトレーニング/Photo by Sayaka Ono

2.お腹をギュッと内側に引き込みながら右肘と左膝を近づけてタッチし、元の姿勢に戻る。5回繰り返し、反対側も。

アルダチャンドラーサナのトレーニング/Photo by Sayaka Ono

教えてくれたのは...エドワーズ壽里先生
カリフォルニアでヨガと出会い、ハワイ移住後、インストラクターになる。日本のみならず、ハワイローカルにも支持され、アメリカでのヨガイベントに多数出演。サーフィンやトライアスロンなどの趣味も持ち「一日一汗」を実践している。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ