無料の会員登録をすると
お気に入りができます

覚えておきたいヨガの代表ポーズ「木のポーズ」をマスターしよう

美容

「ヨガスタジオでのレッスンがちょっと不安」というときは、まず、これらの基本ポーズを押さえておくと安心です。どれもクラスでよく登場するおなじみのアーサナで、ヨガで学ぶべき要素がぎっしりと詰まっています。モデルでヨガティーチャーの野沢和香さんに教わります。

ヨガジャーナル日本版編集部

「木のポーズ」のやり方

バランスのポーズは目線を一定にし、骨盤の高さを均等にするのが基本。力を入れるときに方向性を定めると、姿勢が安定します。

HOW TO

①両手を腰に添え、上げるほうの足のかかとを軸脚に添える。軸足は足裏全体で立つよう意識。

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

②膝は避け、ふくらはぎや太腿など、無理のないところまで足を引き上げる。胸の前で合掌する。

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

③可能なら合掌した手を頭上へ持ち上げる。骨盤の高さをそろえ、目線は鼻先の延長線上へ。

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

ポイント

上げた足がすぐ落ちてしまう場合…足裏と軸足の内腿で、押し合うように

軸足だけで立とうとすると、グラついたり、上げた足がずり落ちたりすることに。上げた足の足裏と、軸足の内腿をしっかり押し合うようにすると、バランスを保ちやすくなります。

photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

グラグラしてバランスがとれない場合は、出っ尻にならず骨盤を立てて

バランスをとろうとすると、つい腰が引けて出っ尻に。坐骨を下へ向け、骨盤を床と垂直に立てるように意識すると、土台が安定し、グラグラしなくなるはず。

OK

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ