無料の会員登録をすると
お気に入りができます

美腸ヨガ|自律神経を整えるシークエンス[腹筋系ポーズ]

美容

腸の動きを支配するのは、自律神経。特に、副交感神経が優位な時に腸は動き始めます。しかし、現代人の生活では、夜になっても交感神経が優位になりがち。そこでおすすめなのが、体を動かすポーズとゆるませて休むポーズを交互に繰り返すこと。動くポーズと休むポーズを交互に繰り返すことで、自律神経を整えていきましょう。教えてくれたのは、ヨガインストラクターの大友麻子先生です。今回は腹筋系のポーズをご紹介!

ヨガジャーナル日本版編集部

腸まわりの循環UP!腹筋系ポーズ

後屈で腸を反らせたら、今度は反対に腸を縮めましょう。腹筋を動かして、お腹まわりの血流を良くします。腸の動きが活発に!

HOW TO

1.横向きになり、片腕は頭の下に。両脚を揃え、太腿を寄せるようにして持ち上げる。5呼吸キープ。

Photo by Shoko Matsuhashi

2.手で頭を支え、上の脚を持ち上げる。腹筋でバランスをとりながら、ゆっくり5呼吸キープ。

POINT:腹筋をしっかり使ってバランスキープ

アナンタのポーズ/Photo by Shoko Matsuhashi

3.床に横になり、シャヴァーサナでリラックス。最初に戻り、反対側も同様に行って。

シャヴァーサナ

シャヴァーサナ/Photo by Shoko Matsuhashi

4.仰向けから上体と両脚を持ち上げる。床から60度の位置で両脚をキープし、5呼吸カウント。両手はまっすぐ伸ばして。

POINT:腹筋がしっかり働いていること を意識!

はじめは…「腹筋が弱い」「腰にトラブルがある」という場合は、両脚を90度の位置でキープ。背中が丸まって、床から大きく離れないように。

慣れてきたら…両脚をキープすることに慣れたら、少しずつ両脚を床に近づけてみる。肩に力が入ったり、首がすくまないように注意して。

半分の舟のポーズ/Photo by Shoko Matsuhashi

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ