無料の会員登録をすると
お気に入りができます

前後開脚が劇的に変わる筋膜リリース|ゆるめるポイントとは

美容

前後開脚のための筋膜リリース:浅後線とラセン線をゆるめよう

浅後線(Superficial Back Line)とは

浅後線は、足から頭まで体の後面を結ぶ筋膜ライン。ハムストリングもこの中に含まれるので、前後開脚の前脚が伸びにくいときは、このラインをリリースすると開脚が深まります。

Illustration by Misako Nakagawa

浅後線のゆるめ方

坐骨結節のほぐしで腿裏の筋膜をリリース

浅後線が通っている坐骨結節をリリースして、同じ浅後線グループのハムストリングを間接的にゆるめます。ハムストリングは大きな筋肉なので、ここを直接リリースするよりも、坐骨結節からアプローチするほうが簡単です。坐骨結節は座位で体重をかけることで容易に刺激できます。ブロックを活用するとより効果的です。

ブロック

POINT:坐骨結節は坐骨の一番とがった先端部分から指2本分外側の面。
ヨガブロックの上に片側のお尻をのせ、坐骨結節をマッサージするようにゆらす。1分半行ったら反対側も。

ブロック

Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

ヨガに活かせばポーズが深まる
ウッティターパールシュヴァコーナーサナで、伸ばした腕の手首を曲げると、腕線の筋膜がゆるみ、胸が開きやすくなります。このように、ポーズで末端の位置を少し変えるだけで筋膜ラインが刺激され、ポーズが深まります。

Photo by Nobuhiro Miyoshi (RELATION)

ラセン線(Spiral Line)とは

後頭骨下部から体をラセン状に取り巻く筋膜ラインです。股関節を跨ぎ前脛部までつながっているので、腿の付け根の硬さがあるときにラセン線のどこかをリリースすることで前後開脚が楽になります。

Illustration by Misako Nakagawa

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ