無料の会員登録をすると
お気に入りができます

暑さを乗り切る!季節のフルーツで簡単にできる「サワードリンク」レシピ

レシピ

梅雨~夏に掛けて、特に暑さにまだ体が慣れていない最初の時期は夏バテしがち。そんな時は、さっぱりとしたお酢で作ったサワードリンクがオススメ! 簡単に作れるサワードリンクのレシピをご紹介します。

よんぴよまま

梅は、凍らせてから漬ける方法もあります。冷凍してから解凍することで、細胞が壊れてエキスが早く出るようになります。この方法をする場合は、フォークで刺す必要はありません。すぐに作ることができないときにも、冷凍しておけば好きなタイミングで作ることができます。

氷砂糖の代わりに砂糖、黒糖、はちみつなどを使用して作ることもできます。それぞれ違った味わいになるので、いろいろ試してみるといいですね♪ 写真は黒糖で作った時のもの。できあがったドリンクの色は見た通りの濃い茶色。黒糖のコクと味をしっかり感じられるドリンクになりました。

梅はエキスがしっかり出てくるとシワシワになって浮いてきます。2~4週間程度で取り出してください。

完熟梅で作ったサワードリンクは、梅の実もすごく美味しいです。青梅は青梅の爽やかな香りと味、完熟梅は完熟梅の甘みやフルーティな香りがあり甲乙つけられません。どちらもおいしいので、ぜひ試して飲み比べてみてください。

この適当な作り方の我が家の梅サワードリンクですが、常温保存でも大丈夫です。お酢が入らない梅シロップだと冷蔵保存しないとダメでしたが、お酢を加えることで殺菌効果が上がり、常温でも全然平気で1年も2年も飲めます。保存環境や、果物の種類によって変わると思うので、冷蔵庫に入れるかどうかは状況を考え、自己判断で保管してくださいね。

柑橘系

welcome-to-gettyimages.jp

夏に向けてのオススメは柑橘系。爽やかな香りと酸味がお酢と良く合います。レモンは、私が子どもの頃に母が毎年作ってくれた思い出の味。輪切りにして漬けていきます。他にもグレープフルーツやオレンジなどもいいですね♪

ベリー系

welcome-to-gettyimages.jp

ベリー系もオススメ。ブルーベリーやラズベリー、ブラックベリーも手に入りやすくなってきました。我が家は庭でラズベリーが採れるので、採れるたびに冷凍ストックしておいて、ある程度の量がたまったらサワードリンクにしています。最近は、スーパーでも冷凍のベリーが手に入るので、フレッシュベリーが入手できなくても作ることができます。

サワードリンクの楽しみ方

でき上がったサワードリンクは水で割って飲みます。濃さはお好みで調整してください。

炭酸水で割るのもおいしいです。サワードリンク自体に甘みがあるので、無糖の炭酸水が向いています。我が家は炭酸水メーカーがあるのでシュパーっと、できたて炭酸水を注いで飲んでいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ