無料の会員登録をすると
お気に入りができます

寝る前5分でできる夜ヨガ|翌日の身体が変わるリラックス&デトックス効果のあるヨガポーズ

美容

寝る前に行うヨガで得られる効果

ヨガを寝る前に行うことで自律神経の調子が整い、副交感神経のスイッチが入りやすくなります。

とはいえ、寝る前にヨガできるほど体力がない...そんな時にぜひやってみてほしいポーズが、ヴィパリタカラニとハッピー・ベイビーのポーズ。どちらもベッドで仰向けになってできるポーズで、体が硬い人や初心者でも難なく行うことができます。

ヴィパリタカラニ
ハッピー・ベイビー

1.壁を使ったポーズ(ヴィパリタカラニ)

究極のリラックスヨガといわれるリストラティブヨガでおなじみ。壁に足を上げて横になる疲労回復効果のあるリラックスポーズです。壁があればベッドや布団の上でもOK!脚のむくみが気になる時にぜひ試してほしいポーズです。身体だけでなく、心や思考も休めながらいらないものを手放しましょう。

リストラティブヨガ

効果

・疲労回復
・脚のむくみを解消
・頭を休める

やり方はこちら

やり方

1. お尻の下に厚手のブランケットや毛布、クッションなどを敷き、壁の近く(15㎝くらい)で左右どちらかを向いた体育すわりになる

ブランケット

2.そのまま上半身が壁と垂直になるように身体を倒し、仰向けになる

3.両手を楽な位置に開放し、両足を壁に上げて身をゆだねる

ポイント:お尻は快適な範囲で、できるだけ壁に近づけます。壁に上げた足は腰幅程度にするか、広げた方が心地よければ軽く開脚をしてもいいでしょう。

2.ベッドの上でできるポーズ(ハッピー・ベイビーのポーズ)

ポーズ名そのまま、赤ちゃんが幸せそうにゴロゴロ寝転がっている姿をイメージしてみましょう。脚の付け根、鼠径部を刺激することで、リンパや血液の流れを促し、老廃物を排出しやすくするデトックス効果に優れたポーズです。脚の疲れ、むくみの解消、背骨やお尻まわりの心地よい伸びを感じ、リラックスしながら1日の疲れを手放しましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ