無料の会員登録をすると
お気に入りができます

空気みたいなチーズ!? カルディ「ふわっふわ削りチーズ」は史上初の食感

グルメ

チーズなのにふわっふわ!?

Photo by muccinpurin

チーズの食感を表すとき、どんな言葉を使いますか?チーズタッカルビのときは「とろ~り」、パンにのったチーズが香ばしく焦げたときは「カリカリ」でしょうか?

カルディで見つけた「削りチーズ」は、なんと “ふわっふわ” なチーズなんだそう。チーズでふわふわ……?イメージできませんが、気になりますよね。さっそくその食感と味わいを確かめてみました!

エアリーな新食感!「ふわっふわ削りチーズ」

Photo by muccinpurin

「ふわっふわ削りチーズ」198円(税込)

これまでチーズは、 “溶けるもの” “伸びるもの” と思ってきましたが、残念ながら「ふわっふわ削りチーズ」は溶けることも、伸びることもありません。そのかわり、これまでに体験したことがない、チーズの新しい可能性が詰まっています。

黄金に輝く削りチーズを包む、真っ黒なパッケージ。通常、チーズは冷蔵で販売されますが、チーズ加工品で冷蔵の必要がない本品は、常温で販売されています。

Photo by muccinpurin

パッケージから出してみると、確かにかなりエアリー!チーズと言われなければわからない、どことなくさきいか系のおつまみのような見た目です。

しかし、香りはしっかりとチーズ。しかも「ピッツア味」なのでトマトソースの香りも合わさった、焼きたてのピザの香りがします。なんだか、見た目と香りのギャップが強く、食べる前からワクワクしてきました。

そのふわふわのヒミツは、チーズと組み合わせた鱈(たら)にありました。なるほど、全国のお父さんが愛するおつまみの定番「チーズ鱈」の香りに似ているのは、そのせいだったようです!

ふわふわしているけどチーズだ!

Photo by muccinpurin

指でつまんで口に運ぶと、濃厚なチーズのコクと鱈の旨みを感じ、次の瞬間にはしんなりとしていつの間にかなくなっています。なんて儚い……!儚いものこそ追いかけたくなる気持ちがふつふつと沸いてきて、またひとつまみ。

このふんわりとしたエアリーな食感とチーズの味にギャップがありすぎて、食べれば食べるほど謎が深まります。ただ、おいしいことは確実なので、なおいっそう手が止まりません。

Photo by muccinpurin

つまんで写真を撮影したかったんですが、あまりの薄さにピントがうまく合わず、断念。この写真で、チーズの薄さが伝わるでしょうか?

味と香りはチーズで、食感はどちらかというと鱈が強めかもしれません。口の最後に残るごくごくわずかな歯ごたえに、魚のすり身からできた加工品っぽさを感じます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ