無料の会員登録をすると
お気に入りができます

旦那のモラハラが辛い…対処法&離婚する方法を解説します

恋愛・結婚

モラハラ旦那への対処法をご紹介

モラハラとは、モラル・ハラスメントの略称です。肉体的に暴力を加えることではなく、モラル(道徳)によって嫌がらせをする、つまり言動や態度を使って精神的苦痛を与えることです。会社や夫婦間で多いハラスメントです。

恋人時代はわからなかったのに、結婚してからモラハラ旦那になる男性が急増しています。モラハラは肉体的暴力ではないので、目に見えない暴力です。よって第三者が気づきにくく、離婚したくてもスムーズにいかない特徴もあります。

あなたの旦那はモラハラ旦那ではないでしょうか。この記事ではモラハラ旦那の特徴と、モラハラ旦那への対処法を解説します。

目次

モラハラ旦那の特徴

精神的ダメージを与えるモラハラですが、結婚後にモラハラ旦那と化する男性が増えているようです。夫婦間の事情は外からではわかりづらいため、被害者である妻が声を上げない限り第3者が気づいてあげることができません。

怖いことにモラハラ旦那はアメとムチを使い分けたり、洗脳したり、また亭主関白とも紙一重なのでなかなか妻が声を上げることができない現状もあります。

結婚後になってしまうモラハラ旦那とは一体どういう特徴を持っているのでしょうか。モラハラ旦那の特徴を解説していきます。

妻を管理・束縛する

モラハラ旦那の特徴は、妻を束縛します。妻が外部と連絡を取るのを嫌うのです。たとえ妻が友達や親でさえも連絡を取るのも不機嫌となりますし、異性であれば激しくキレるのも特徴です。

妻が実家へ帰るのも禁止するほど束縛が強いモラハラ旦那もいます。外部と接触するとキレる、言葉の暴力を浴びせられるのが怖いしストレスになりますので、モラハラ旦那の希望通り外部から孤立していくようになります。ますますモラハラされている事実が分からなくなるのです。

またお金の使い方も束縛するのも特徴です。レシートを提出させて、何のお金に使ったのか厳しくチェックします。金銭面も束縛して精神的に追い詰めるのです。

自分は正しいと信じている

モラハラ旦那の特徴は絶対に自分が正しいと思っています。人間なら過ちがありますし、間違えたらなら謝れば済む話ですがモラハラ旦那は絶対に自分が正しいと信じていて、悪物は妻なのです。

間違いを指摘したり、意見すると喧嘩になることは必須です。喧嘩しても改善することはしません。モラハラ旦那は意見されることも嫌いで「生意気だ」など延々と言葉の暴力を与えてキレるのみなので、妻たちはただ怖いと感じ黙るしか術がなくストレスを抱えていきます。モラハラ旦那は弱者である妻を自分の思い通りに支配したい欲望があるのです。

キレるのは家にいる時だけ

モラハラ旦那の最大の特徴は、キレるのは家にいる時だけということもあります。外に出れば模範的な会社員、そして良い父親を演じるのです。愛想がよく人付き合いもいいので、地域の活動にも参加したりします。

また人目がある時は妻に優しく接するのも特徴です。家族サービスのできる旦那を演じるのです。周囲の目からは、妻思いの良い旦那にしか見えませんので、妻が周囲に相談しても「あんないい旦那さんなのに」とわかってもらえないことが多いのです。

外部に相談したことがバレるとさらに家庭内でキレるので、また言葉の暴力が怖いと感じる妻はますます外部と接触しなくなるのです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ