無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もうガミガミ叱らない!「子どもが片付けない」悩みを軽くする「プロ直伝!おもちゃ収納術」

子育て

こんにちは、片づけ遊び指導士でヨムーノライターのpink.m.kです。建売住宅を自分好みのおうちにするべく日々奮闘しています。

「片づけ遊び指導士」の資格を取得してから、自分なりに片づけについての知識を深め、日々の生活に役立てつつ、子ども達とのお片づけにも取り組んでいます。

先日、「片づけ遊びワークショップ」へ久しぶりにスタッフとして参加してきました。片づけ遊び指導士の資格を所有する者同士で集まり、主に子育て世代のお母さんとその子ども達をお招きして、トランプなどのグッズを使いながらお片づけのやり方・楽しさをお伝えしていく……というのが、このワークショップの目的です。

ここでは、そのワークショップで実践した収納・お片付けのコツをご紹介します。

片づけに関するお悩み相談を実施

トランプを使ってお片づけ遊びを楽しんだ後は、スタッフとお母さん達との座談会(片づけに関するお悩み相談)の場も設けました。

お母さん自身が片づけに悩んでいるところの相談(キッチン収納など)を受けたりもしましたが、子ども達のお片づけにおいて具体的に相談を受けた中には、こんなお悩みがありました。

おもちゃ収納に関する悩み

・片づけてと言っても片づけてくれない
・分類別収納(グルーピング収納)をしても、その通りに入れてくれない
・処分したくても、結局は嫌がられる

はっきり言いましょう……この3つのお悩み。
我が家にも現役小学生と幼稚園児の子どもが2人いるので、すべて該当します(笑)。

どうしたら進んで片づけをしてくれるのか?

資格「片づけ遊び指導士」を取ってから、子ども達が劇的に片づけるようになりました〜!!

なんて言いたいところですが、もちろん全然さ~っぱりです(笑)。

やっぱり子どもだって人間。
やる気のある時は進んで片づけてくれても、気分によっては全くお片づけが進まないことだって多々あります(大人も同じです)。

まず親(自分)から変わる

(1)片づけへの声掛けの仕方を変える「鬼ママから“プチ”鬼ママへ」

子どもって本当に素直です。
「きちんとしまって」「きれいに片づけて」のような、抽象的な言葉が苦手です。「どのくらい」かが曖昧だから。“きれい”の尺度も人によって違いますものね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ