無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カチコチ背中をほぐす「背中呼吸法」と効果を高める2つの方法

硬さは心にも原因が!? 体は脳が持つイメージの影響を受けやすく、ネガティブなイメージを持つと強張ってしまいます。ご紹介するメソッド「イメージ呼吸法」は、ポジティブなイメージを持つことで体を思い描く方向へ導き、さらに呼吸を組み合わせて効果を高めるというもの。今回は背中が硬いイメージを取り除く2つの方法!

美容

「背中で呼吸するイメージ」で強張った背中をほぐす

安楽座でリラックスして座る。背中のどの部分に硬さがあるか観察して探しあて、その部分から息を吸い込み、背中の同じ場所から吐く息で硬さを外に出す。(5呼吸)

Photo by Sayaka Ono

イメージを高める方法①:壁に背中を当て背面の感覚を意識化

背中を壁につけて長座の姿勢になり、首と肩はリラックス。背中に壁の感触が伝わるとそこに意識を向けやすくなるため、当たっている部分から呼吸を出し入れします。(5呼吸)

Photo by Sayaka Ono

イメージを高める方法②:広げた肩甲骨の間を狙って呼吸

肩甲骨まわりに硬さを感じる場合は安楽座になり、体の前で腕を伸ばし両手を組みます。腕を前に引っ張る力で背中を丸め、左右の肩甲骨をオープン。できたスペースに空気を入れる&吐き出すイメージで。(5呼吸)

Photo by Sayaka Ono

「背中で呼吸するイメージ」で上達するポーズ3つ

シャシャンカーサナ(ウサギのポーズ)

Photo by Sayaka Ono

ハラーサナ(鋤のポーズ)

Photo by Sayaka Ono

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ