無料の会員登録をすると
お気に入りができます

二人暮らしのダイニングテーブル事情!機能性と美しさをバランス良く

インテリア

壁もカーテンも白いので、清潔感と落ち着きのあるスペースに。持ち手の付いたフラワーベースに生けているお花も、白を選んでいます。

下に敷いているマットや木のプレート、カラフェのフタは、ナチュラルなブラウンでまとめています。

2人でゆったり座れるサイズ感で、壁から話せば4人でも使えそうなテーブルです。

60平方メートルの2LDK

白×ウッドの組み合わせ

www.goodrooms.jp

真っ白い壁と天井に、明るい色味のフローリングが組み合わされたナチュラルな空間です。

リビングダイニングの広さは、およそ9.2畳。家具の配置に余裕があることや、たくさんの観葉植物が置かれていることが、リゾートホテルのようなリラクシー空間を作り上げるポイントになっているのでしょう。

ユニークなラグは、インテリアのアクセントになっています。

ダイニングテーブルはDIY

www.goodrooms.jp

こちらのダイニングテーブルは、室内の色味に合わせた白×ウッド。天板の色もフローリングに合わせて選んだそうです。

チェアは白のイームズをセレクトして、ナチュラルモダンなスペースにまとめています。

普段は二人で使うので、天板の短辺をキッチンカウンターの側面にくっつけた配置です。

お客様がいらした時は、テーブルの位置を変えて4人で使えるようにします。

細長いお部屋

3分割のレイアウト

www.goodrooms.jp

続いてのお部屋を上からの俯瞰図風に見てみると、ドアを開けて細長く続く空間であることがわかります。

ダイニングスペースは、左手奥の窓際。お隣にはグリーンのラグを敷いてリビング、さらに右手にはキッチンがあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ