無料の会員登録をすると
お気に入りができます

寝る前5分|心と体の緊張をラクにほぐす自分の体の重さを使ったヨガ

一日の終わりになんとなく感じる心や体の疲れ。夜寝る前に自分の体の重さを利用して、無理なく心身をゆるめるヨガポーズをしてみませんか?必要に応じてブランケットやクッションを使って体をサポートする、頑張らずに受け身でできるヨガポーズです。

美容

始める前に

・ブランケットやクッションを複数用意しておくと、体の硬さや疲労を感じる時にはより楽にポーズがとれます。

ブランケット

・各ポーズ5呼吸を目安にホールドしてみましょう。それより長くてももちろんOK。

骨盤の重さを利用する

腕をおろした三日月のポーズ(アンジャネーヤーサナ)

ブランケット

Photo by Kayoko Yoshida

やり方

1. 右足を前に踏み出して、膝の位置が足首の真上にくるように揃える。後ろの膝は下ろし、前後に動かして左の太ももの付け根が気持ち良く伸びる場所を探す。

2. 両手を前の太ももに乗せ、骨盤が常に正面を向くようにキープする。

3. 意識を骨盤の重さに向ける。両手で太ももを押して骨盤を下げるのではなく、重さに任せる。

4. 毎回の吸う息で背筋を軽く伸ばし、吐く息で骨盤全体が自然に少し下がる様子をイメージしながら呼吸を続ける。

5. 反対側も同様に行う。

頭の重さを利用する

バタフライ

お尻を床に安定させ、頭の重さを感じながら腰や背中全体にスペースを作るイメージで。

頭の位置を低くすること、太ももの内側をストレッチすることが目的ではありません。体勢を保つのがつらい場合は写真のように脚の下、おでこの下を折りたたんだブランケットやクッションでサポートしましょう。

ブランケット
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ