無料の会員登録をすると
お気に入りができます

業スーの奇跡!460円「◯◯するだけ系」が神!「ほぼ料理しない♪」無限アレンジBEST4

レシピ

こんにちは、おいしいもの大好きヨムーノライターこゆきです。

業務スーパーの冷蔵コーナーにある宮城製粉のお惣菜シリーズ。
縦長のパッケージが印象的で、鶏肉のトマト煮やさんまの甘露煮などいろいろなシリーズがあるので。一度は手に取ったことがあるのではないでしょうか。

温めるだけでメインディッシュになるので、ついつい買いこんでストックしてしまいがちです。

その中から、今回は「旨味たっぷり!やわらか煮豚」をご紹介します。

【読者のみなさまへ】「いま、ヨムーノがお役に立てること、考えてみました」

ヨムーノライターが熱推し!業務スーパーまとめ

冷凍食品・チルド・お菓子まで厳選まとめはこちら

がっつり肉食男子にもばっちり!旨味たっぷり「やわらか煮豚」

疲れた時ほど「お肉ががっつり食べた~い!」と欲することありますよね。

「でも料理する気力が残っていない……」

そんなときこそ、やわらか煮豚の出番です。

1本あたり460円(税抜)。
内容量は600gとたっぷり入っています。

パッケージから中身を出すと、ごろっとした肉の塊と、砂糖やしょうゆベースの甘辛いソースがたっぷり入っているので、このソースもぜひ余すことなく堪能しましょう。

この煮豚は、豚のタンの根本が使われているので、肉そのものは脂っこすぎず結構あっさりしています。そのため、こってりとした味付けのタレをたっぷりつけて食べるのがオススメです。

薄くスライスし、ほかほかごはんに乗せて「角煮丼」としていただくほか、タレにピリッと香辛料が効いているので、そのままおつまみにもぴったりです。

ごはんやお酒がついつい進み、「もう一杯!」と言いたくなる味付けになっています。

そのまま食べるのもおいしいですが、一工夫を加えたアレンジレシピをご紹介します。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ