無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意外と知らない「クエン酸」やっていいこと・ダメなこと解説!簡単スッキリ掃除術[プロ監修]

インテリア

こんにちは!ヨムーノライターのharuです。

今回は、前回紹介した重曹に引き続きナチュラルクリーニングの代表選手!
「クエン酸」についてご紹介します。

⇒重曹についてはこちらの記事をどうぞ

【掃除のプロ監修】あなたの知らない「重曹の世界」ほったらかし掃除・消臭に使える万能選手

監修者紹介

【日本ハウスクリーニング協会】
ハウスクリーニングを通じて地域の福祉に寄与し、認定資格講座およびハウスクリーニングの普及啓蒙活動を行なっています。

NPO法人日本ハウスクリーニング協会

クエン酸とは

クエン酸とは柑橘類などに含まれる有機化合物のこと。ヒドロキシ酸のひとつで、爽やかな酸味を持つことから食品添加物として多用されています。

無色無臭で安全な酸性の成分で、主に、レモン、みかん、グレープフルーツなどの柑橘類や梅干しなどに含まれる、

酸味=酸っぱい成分です。

大きめのレモン1個に約4g、梅干し1個に1gのクエン酸が含まれているそうです。

クエン酸の性質

クエン酸と同じエコ洗剤として知られる、重曹やセスキ炭酸ソーダはアルカリ性なのに対し、クエン酸は酸性の性質を持ちます。

汚れを落とすには、汚れの性質と反対の性質を持つ成分で中和させる必要があるため、酸性のクエン酸はアルカリ性の汚れに効果を発揮します。

クエン酸が得意な汚れ

クエン酸は酸性ですので、アルカリ性の汚れを落とすことが得意です。

例えば、こんな汚れにクエン酸は効果があります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ