無料の会員登録をすると
お気に入りができます

意外と知らない「クエン酸」やっていいこと・ダメなこと解説!簡単スッキリ掃除術[プロ監修]

インテリア

・水道水のカルシウムやミネラルが固まった水垢
→浴室の鏡や洗面台等
・トイレの黄ばみや尿石、アンモニア臭
・お風呂の石けんカス汚れ
・洗濯槽に蓄積した汚れ(炭酸カルシウム)

クエン酸には除菌作用があります。汚れを落としながら消臭や除菌もすることができますよ。

クエン酸が苦手な汚れ

油汚れ、油脂の汚れ等

油汚れには、クエン酸と真逆の成分である、弱アルカリ性の重曹が効果的です。

クエン酸と重曹を混ぜると発泡する

クエン酸と重曹を混ぜることで、勢いよく発泡させることができます。

クエン酸と重曹を混ぜたときに発生する泡は、汚れをまるめこみ流す効果があります。
クエン酸(酸性)と重曹(アルカリ性)を混ぜると中和してしまいますので、汚れそのものを分解したり剥離したりする作用はありません。
ただし液体より「泡」の方が、汚れに付着している時間が長いため、効果があると考えられます。

この発泡作用を利用して排水溝の掃除ができます。ただし頑固にこびりついた汚れは落とすことができません。

クエン酸を使用する際の注意点

食品にも含まれ安全性の高いクエン酸ですが、掃除に使用する際には下記の点に気をつけましょう。

・塩素系漂白剤と混ぜると有毒ガスが発生するため、決して併用しない
・鉄、セメント、大理石に使用すると錆びたり傷んだりするため使用を避ける

クエン酸は湿気に弱く、湿気を含むと固まることがあります。保管する際は、直射日光を避け、乾燥した冷暗所に置きましょう。また金属製の容器は錆びる可能性があるので、金属製以外の容器で保管してくださいね。

クエン酸は、どこで売ってるの?

クエン酸は重曹と同様にドラッグストアや100円ショップ、楽天やAmazonなどのネットショップにもあります。

まずはお試ししたい時には、100円ショップでの購入がお手頃なのでおすすめですが、代わりに酢を使うこともできます!

酢はクエン酸と同じ酸性で、酢の成分中にもクエン酸が多く含まれるため、クエン酸でできることは大抵酢で代用できます。

香りが強い以外のお掃除効果は、クエン酸と大差ありません。

クエン酸を購入する前に、まずは自宅にある酢で試してみるのもいいかもしれません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ