無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏が終わってもずっと使える! 最強サーキュレーターはコレです!

サーキュレーターが一台あれば空気の入れ替えから洗濯物の部屋干しまでサポート! 通年使えるのでとても便利です。一見同じような製品が多くて悩む人も向けに最新・去年のモデルの合計21製品をランキング化しました。サーキュレーターが欲しい人はぜひ参考にしてみてください。

インテリア

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年8月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

コンパクトながら18畳の適用畳数があると言われるサーキュレーター。エアコンと併用すると、部屋の空気がうまく循環して冷暖房の効率があがります。雨天時の部屋干しや、冬場の暖房効率アップにも大活躍。一年を通して一台あると重宝するアイテムです。

一年中稼働させるアイテムだからこそ、コスパも良く使い勝手のいい製品を選びたいところ。

そこで今回は、家電批評2020年8月号の結果をメインに発表し、その後に昨年、MONOQLO2019年9月号でテストした全製品の評価も振り返って紹介します。

バルミューダ(BALMUDA)
GreenFan C2 A02A-WK
実勢価格:2万4860円
サイズ:W320×H340×D230~320mm
重量:約3.0kg

2020年に通年用としておすすめしたいベストバイサーキュレーターは、バルミューダ「GreenFan C2 A02A-WK」です。高性能の脱臭フィルターを備えるなど、他の製品と比べて高価ですが性能の高さには特筆すべき点がありました。

バルミューダは、扇風機、サーキュレーター共にトップクラスの機能性を備えたモデルを毎年生み出しているメーカー。来年の新製品も期待大です。

サーキュレーターを選ぶ際に確認しておきたいのは、「騒音」「気流」「操作性」「使い勝手」の4つ。これらのバランスがいいと室内で快適に使用することができます。

一定の距離に騒音計をセットし、最大風力時の駆動音の大きさを比較しました。睡眠時であっても使えるものを選ぶためには、使用音がうるさくないのは重要です。

スモークを使い、ファンから発生した風がどのように進むかを比較しました。リビングなどの広いお部屋で使うときや、洗濯物を乾かすサポートとして使うときは、風が隅々まで届くことが重要になります。

サーキュレーターは室内の空気を動かすことが目的なので、直線的な風がつくられているかがポイントになります。ちなみに扇風機は直接人に当てるため、拡散させることで優しく気持ちのいい風をつくりだします。

本体ボタンやリモコンの使いやすさ、風量調節をするインジケーターの見やすさなど操作性を比較しました。

持ち運びのしやすさや軽さ、部屋干しなど扇風機以外の用途にも使えるかなどを比較しました。首振りの幅やタイマーの基礎機能などもチェックします。

それでは家電批評がテストした快適に使える各メーカーのサーキュレーター最新ランキング4選を発表します。

▼2020年にランクインしたのは以下の4製品でした。
・バルミューダ「GreenFan C2 A02A-WK」
・ドウシシャ「ピエリア FCV-180D」
・アイリスオーヤマ「KCF-SCV151T」
・アイリスオーヤマ「KCF-KSC152T」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ