無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ビジネスメールで「締めの言葉」が必要な理由

ライフスタイル

ビジネスにおいて、メールの最後がいつも「よろしくお願いいたします」とワンパターンになっていませんか? メールの締め言葉には、実はさまざまな表現があります。今回は、マナー講師の三上ナナエさんに「締め・結びの言葉」の例文を教えてもらいました。

・ご検討のほどどうぞよろしくお願いいたします。

・ご一考いただけますと幸いです。

「ご一考」については、敬語表現ではありますが、「少し考えてみてください」という意味を持つので、少し強引なニュアンスで感じ取られる可能性もあり、使用する相手や状況には注意をしましょう。

先方へ確認の依頼をする時

・ご査収のほどよろしくお願いいたします。

・お目通しいただきたくお願い申し上げます。

「ご査収」は、「内容をよく確認して受け取ってください」という意味です。こちらから資料やデータを送って、相手に確認してほしい時に用います。

そのため、何も確認すべきものを添付・記載していないのに「ご査収」と使うと、先方に混乱を与えてしまうので、この言葉を用いる際には気を付けましょう。

相手の理解・了解を得たい時

・ご了承のほどお願い申し上げます。

こちらの事情を納得し、受け入れてほしい。または、取引のルールなどを先に理解しておいてほしい、というような場合に用います。

「受け入れてください」という意味合いなので、強制的に承諾をさせるようなニュアンスで感じ取られる可能性もあります。そのため、目上の人に対しては使用を避けた方が良いでしょう。

お礼や感謝をする時の締め・結びの言葉

・誠にありがとうございました。

・心より感謝申し上げます。

・厚く御礼申し上げます。

相手へのお例や感謝のメールの場合には、下記のような締め・結びの言葉を使うことができます。

お詫びや謝罪の締め・結びの言葉

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ