無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ブラインドかカーテンどっちを選ぶべき?比較とインテリアコーディネートをご紹介!

ライフスタイル

ブラインドとカーテンはどっちを選ぶべき?

窓周りのインテリアを決める際、ブラインドとカーテンのどちらを取り付けようか迷う方も多いのではないでしょうか。リビングから寝室まで、さまざまな場所に必要なアイテム。

今回は両者のメリットとデメリットを比較しながら、どちらを選ぶべきなのか考えてみましょう。部屋によって選び方も変わるので参考にしてくださいね。

目次

ブラインドとカーテンの種類と特徴

ベネシャンブラインドの特徴

ベネシャンブラインドは、水平に組まれた羽を上下に動かすタイプのブラインドです。

羽の角度を調整できるので、光や風通しを好みに合わせて取り入れることができます。

最近はインテリアに合うおしゃれなウッド素材のブラインドが比較的人気ですよ。

腰高窓や幅の狭い窓に使用されることが多く、開けたときに窓の左右がすっきりと収まるのがメリット。

バーチカルブラインドの特徴

バーチカルブラインドは先ほどのベネシャンブラインドとは異なり、縦に羽が付いています。

カーテンのように大きな掃き出し窓にも使いやすい上、風通しの良い明るい部屋にしてくれます。

素材は幅広くウッド・ファブリック・アルミなどがあるので、どんなテイストの部屋にも合わせやすいですよ。

一本一本が独立しているので、バイカラーやストライプなど好みに応じてデザインできます。

ドレープカーテンの特徴

遮光性のあるドレープカーテンは外からの視線や、太陽の光をカットできる厚みのあるものす。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ