無料の会員登録をすると
お気に入りができます

12畳ワンルームのレイアウト特集!広さを活用した一人暮らし部屋の作り方を紹介!

インテリア

ワンルームでの一人暮らしでは、寝室もリビングダイニングもキッチンも、全て同じ一つの部屋の中に存在することになります。

緑や花の色合いや大きさを考えながら、12畳のワンルームにレイアウトするとお部屋作りもテンションが上がります。

12畳ワンルームのレイアウト《インテリア》

間接照明で昼夜の雰囲気を変える

家にいる時間は常に同じ部屋にいることになるワンルーム。12畳の広さでもワンルームに変化が欲しいですよね。

間接照明で朝や昼のアクティブな時間と、夜のリラックスタイムのムードを変えてみましょう。

特に広い12畳ワンルームなら、枕元におしゃれな間接照明をレイアウトするのがおすすめです。

柔らかい和紙で作られた間接照明が暖かい光で包み込んでくれるので、ぐっすり眠れます。

ミニカウンターでバー空間を作る

12畳ワンルームの一人暮らしに自分専用のバーはいかがでしょうか。忙しい朝のコーヒーや疲れて帰ってきた夜のビールを飲むのに最適です。

ゆっくり腰を据えてくつろぐというよりも立ったり座ったりしやすいので、軽食を食べたり物書きをしたり、便利でおしゃれなカフェバーになります。

バーテーブルも一緒にコーディネートするチェアも高さがあるので、壁面にくっつけてレイアウトすると12畳ワンルームに納まりが良くなります。

個性派インテリアで自分だけの空間を作る

6畳や8畳のワンルームで一人暮らしをしていたら、大きなソファなど部屋に置いたら狭くなるのではないかと購入を躊躇してしまいますね。

同じワンルームでも12畳ならそのような心配はいりません。個性的なソファだってレイアウトできます。

奇抜な色や形のインテリアは、他のインテリアとコーディネートしにくくても、1点だけを目立たせると広い12畳ワンルームのアクセントになります。

ベッド周りの壁紙をアレンジする

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ