無料の会員登録をすると
お気に入りができます

秋ムードを盛り上げる♡「色っぽハーフアップ」アレンジ12選

ヘアスタイル

レディなハーフアップで視線を独り占め♡

朝晩の冷え込みに季節の移り変わりを感じますよね。ヘアもダウンスタイルにする日が増えたのではないでしょうか。そこで今回は、ダウンスタイルをレディな雰囲気に仕上げる「ハーフアップ」のアレンジをご紹介します。

簡単で秋冬ファッションに似合うものばかりをピックアップ。「わっ、素敵♡」と二度見されること間違いなしですよ。すべてセルフアレンジなので真似するだけ、ぜひ挑戦してみてくださいね。視線を独り占めしちゃいましょう。

すぐ試したい!オシャレハーフアップ12選

1.立体リボンハーフアップ

シンプルなハーフアップも、地毛で作ったリボンがあるだけでこなれ度がグンとアップしますよ。リボンを大きめに作り、プックリと立体的に仕上げれば、大人可愛いスタイルの完成です。余裕があれば、毛先を軽く巻いておくと良いですね。

①耳の高さでハーフアップにし、くるりんぱする。
②①の少し下をゴムで縛り、半分に割り左右に広げる。
③リボン型になるように整えて、後ろ側をピンで固定する。
④毛束から一筋取り、くるリンパの穴に押し込みピンで固定する。

2.上品リボンハーフアップ

たっぷりのほぐしに、さりげないリボンが上品な雰囲気のスタイルです。オフィスヘアとしても対応できますね。全体のほぐしとのバランスを取りながら、リボンは小ぶりに仕上げるのがポイントです。

①ハーフアップにする。
②毛束から一筋取り、輪っかになるようにゴムに通す。
③土台をほぐす。
④②の輪っかと対になるように、一筋取り、輪っかにする。
⑤毛束の中心から一筋取り、くるりんぱの要領で下に引き抜きピンで固定する。

3.連続くるりんぱハーフアップ

とてもゴムひとつで仕上げたとは思えない、レディ感満載のふんわりハーフアップです。ポイントは、違う穴でくるりんぱを2回すること。ねじれが立体的になるので、ほぐしたときのボリュームが出やすくなります。

①ハーフアップを作り、ゆったり目にゴム留めする。
②土台に2ヶ所、穴をあけ、それぞれ連続してくるりんぱする。
③分け目(地肌)を隠すように、色々な方向へ向けてたっぷりほぐす。
④ヘアアクセで飾る。

記事に関するお問い合わせ