無料の会員登録をすると
お気に入りができます

6畳部屋に最適なベッドの配置をご紹介!狭い空間でもくつろげる環境にするコツは?

インテリア

6畳部屋の上手なベッドの配置実例集

6畳部屋の中では、かなりのスペースを占めることになるベッド。一人暮らしの6畳のワンルームでも、夫婦や子供部屋の6畳の寝室でも、6畳という狭い空間ではベッドの配置に悩まされるものです。きっと誰もがベッドのある部屋は、くつろげる空間にしたいはず。

今回は6畳部屋の限られたスペースで上手にベッドとその他のインテリアを配置し、くつろぎ空間を作る実例をご紹介します。

目次

間取りを上手く活用したベッドの配置実例

窓に対して垂直にベッドを配置する

都心での一人暮らしとなると、手頃な6畳程度のワンルームを選ぶ人が多いですよね。

たいていの6畳ワンルームは長方形なので、窓に対して垂直にベッドを配置すると居室空間がさらに細長くなってしまう可能性があります。

ただ、水平に配置した場合と違って、ベッドがベランダへの動線を塞ぎません。

そのため、スムーズにベランダへ出入りできたり、自然光や風を6畳の室内にたっぷりと取り込めたりと利点も多い実例です。

窓に対して平行にベッドを配置する

6畳ワンルームに多い長方形の部屋では、ベッドを窓に対して水平に配置するのが定番ですね。

朝目覚めた時にベッドの上からその日の天気を確認したり、朝日を寝起きの体に浴びたりすることができます。

欠点はベランダへ行く際にベッドをまたがなければいけません。

ただ、長方形の6畳部屋の中に正方形の居室空間が生まれるので、他のインテリアのレイアウトが考えやすくなります。

窓と離してベッドを配置する

6畳の狭い部屋では窓の近くにベッドを置きがちですね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ