無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「予定入れなきゃ症候群」になってない?「なーんにもない休日」が心にいいみたい♡

休日に予定がないと寂しい、不安になる、つい予定を詰め込んでしまう…そんな方はいませんか?休日は休むからこそ休日。予定を入れない休日を作るメリット、心にプラスになる理由があるのです。

2017年10月
ライフスタイル

休日には予定を入れたい!

予定のない休日なんて…

「休日には予定を入れるべき」と、ついついスケジュールに予定を詰め込んでしまうなんて方はいませんか?それは「予定入れなきゃ症候群」かもしれません。

Photo by Larm Rmah / Unsplash

予定が空いているからと詰め込んだスケジュール。本当にそのことがしたいのでしょうか? 休日に予定がないなんてもったいない…と感じてしまう。そんな方には、「なんにもない休日」をオススメします。予定を入れないことによるメリットがたくさんあるんです。

「なーんにもない休日」のメリット6つ

1.「休みたい」本音を大切にできる

本当は休日に「何もしたくない」と感じてはいませんか?それと同時に何もしない自分は怠け者だと罪悪感を感じてはいないでしょうか。しかし、自分が何もしたくないのはそれだけ体も心も疲れているからです。

Photo by Toa Heftiba / Unsplash

休日に何も予定を入れず、その「休みたい」という本音に向き合った方があなたのためになります。無理を重ねてしまうと、いつか限界が来てしまいます。休日は休む日なのですから、堂々とそうしましょう。

2.ONとOFFをきっちり切り替えられる

休日も予定を入れてしまうと、平日も休日もずっと動いていることになり、体力や気力を消耗し続けることになります。そうするとON状態が続いて疲れてしまい、本当に大切な場面で集中力が切れてしまうかも。

Photo by Claude Piché / Unsplash

休日は何もしないことで、本当に大切なときに向けて鋭気を養えます。何もしない休日のおかげでONとOFFをきっちり切り替えられるのもメリットですね。

3.本当にやりたいことができる

何も予定を決めていなくても、何かしたいなと思うかもしれません。そのときに思いつくことこそ、あなたが本当にしたいことなのかも。DVDを見たり、本を読んだり、散歩をしたり、手の込んだ料理を作ったり…

Photo by Roman Kraft / Unsplash

やりたいことができると、気持ちも前向きになれます。本当にやりたいと思ったことに向き合えれば、充実した休日になるでしょう。

4.新しい考え・アイディアが生まれる

何もしない休日はぼーっとする時間が増えるので、いろんなことを考えます。そうすると新しい考えや、今までは思いつかなかったようなアイディアが生まれることもあるのです。

記事に関するお問い合わせ