無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「板わさ」をもっと楽しむ♪簡単にできる飾り切りとアレンジ5選

レシピ

「板わさ」で素材の味を楽しもう

Photo by tumu

薄くスライスしたかまぼこにわさびを添えて、醤油をちょこっとつけていただく「板わさ」。昔から親しまれてきたおつまみで、日本酒との相性はばっちりです。今回はそんな「板わさ」をさらに豊かに楽しむためのアイデアをご紹介します。

まずはかまぼこを可愛らしく飾り切りする方法をチェックしましょう。そのあと、味わいにバリエーションをつけるためのアレンジアイデアをご紹介します。アレンジ次第で日本酒以外のお酒にも合うようになるので、ぜひ試してみてくださいね。

板わさとは

Photo by tumu

板わさはもともと、「板かまぼこ」と「わさび」が合わさってできた言葉。お酒のおつまみとして食べられることが一般的で、とくに日本酒に合うといわれています。そのため、おそば屋さんの「酒の肴」としてはごくごく一般的だそう。

日本酒はもちろんのこと、辛口の白ワインにも合うという意見もあり、酒好きにはたまらないひと品です。

飾り切りで華やか!かまぼこの切り方5選

▶1. 市松

Photo by tumu

「市松」はポピュラーで、最も作りやすい飾り切りの方法です。紅白が互い違いになった様子は華やかさを演出します。誰でも簡単に作れるので、まずはこちらから!

Photo by tumu

厚さ1cmほどに切ったかまぼこをさらに半分にし、紅白で互い違いに並べれば完成です。これだけでも、お皿にアクセントを加えることができますよ。

▶2. 手綱

Photo by tumu

「手綱」はかまぼこの表面をそぎ、切れ目を入れて端の方をくぐらせ、綱のように見せる切り方です。伝統的な飾り切りの方法で、お正月のおせちに使ったり、祝い事の際などに活用できるしょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ