無料の会員登録をすると
お気に入りができます

キッチン周りのお掃除方法!ピカピカのキッチンはイイ奥さんの条件

キッチンは汚れが落ちづらいことも多く、掃除のやり方に困っているという人も多いのではないでしょうか。キッチンの掃除のやり方について、場所別に確認していきましょう。便利な重曹とクエン酸の使い方についてもご紹介していきます。

pom

レシピ

キッチン掃除の便利なアイテム「重曹」と「クエン酸」

油汚れには「重曹」

重曹とはそもそも炭酸水素ナトリウムと呼ばれるもので、重炭酸ソーダとも呼ばれています。重炭素ソーダを略して重曹と一般的にいわれます。重曹はふくらまし粉として料理でも使われますが、掃除でもとても役に立つ物です。

重曹は、油汚れの用紙、シルバー掃除、脱臭など、さまざまな用途で活用することができるのです。

重曹は油汚れの掃除をはじめ、茶渋や湯垢の掃除、排水溝のヌメリ取り、電子レンジの掃除などに使うことができます。重曹スプレーや重曹ペーストを作ると効率的に掃除ができるので便利です。

重曹スプレーは水100mlに重曹小さじ1を溶かして作ります。重曹ペーストは、重曹2から3に対して水1の割合で混ぜることで作ってください。スプレーは吹きかけて、ペーストはクリームのように使います。

水垢には「クエン酸」

クエン酸も重曹と同じく掃除で幅広く使うことができる洗剤です。クエン酸は食用でも使うことがありますが、掃除用と食用では別に売られているので注意しましょう。クエン酸はアルカリ性の汚れに強く、白いカルキ汚れにも強いです。

クエン酸を掃除に使うときは、クエン酸を水に溶かしたクエン酸水にして使うことが多いです。クエン酸水は水100mlに対してクエン酸を小さじ1/2溶かして作ります。スプレーボトルに入れて使うのがおすすめです。

クエン酸は水まわりの汚れに強いので、水回りの汚れの気になる部分にクエン酸を吹き付けてブラシなどでこすって汚れを落としてください。

ガスコンロ周りのお掃除方法

日頃のお手入れ

ガスコンロには、料理の際に出る油汚れなどがこびりつきやすいです。これらの汚れは落ちづらいので、日ごろからこまめにお手入れをすることが大切です。まずは、汚れがたまらないよう、毎回使ったあとに軽く汚れをふき取る習慣をつけてください。

汚れをふき取るときには、重曹スプレーを吹き付けた布巾などを使うとより汚れが落ちやすいのでおすすめです。

頑固な汚れのお掃除方法

ガスコンロの周りが油よごれが付きやすく、使う頻度も高いので毎日そうじの時間を取れないという人もいるでしょう。しかし、ガスコンロ周りは汚れを放っておくと頑固な汚れになり、なかなか落ちないということもあります。

ガスコンロの汚れに対して重曹ペーストを塗り、ラップをかけて放置しておきます。そうすると重曹が汚れを吸い取ってくれるので、時間を置いた後に重曹を取れば汚れが落ちています。

魚焼きグリルのお掃除

魚焼きグリルはトレイや網など取り外して掃除する必要のあるものが多く、手間がかかる箇所でもあります。また、編の焦げや臭いなどをきれいにするのが大変ですね。

まず、魚焼きグリルの受け皿の掃除には重曹を使うことができます。受け皿に重曹を敷き詰めて使うと重曹が油を吸い取ってくれます。庫内の汚れは、水で濡らしたキッチンペーパーや雑巾で汚れをふき取ったあと、まだ汚れが残っていればセスキ炭酸ソーダ水を作り、汚れにスプレーして落とします。

シンク周りのお掃除方法

日頃のお手入れ

シンクが汚いとせっかくのキッチンも汚れてみえてしまいます。シンクは毎日のちょっとした掃除をするだけ汚れが溜まりにくくなるので、意識して取り入れてみることをおすすめします。

日頃のお手入れでは、食器洗いの後などに台所用の洗剤をつけて磨きます。洗剤はきれいな水で洗い流してください。そのままだと水垢が残ってしまうので、乾拭きをしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ