無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おいしいコーヒーの入れ方!4つのstepで本格派を味わう

レシピ

おいしいコーヒーの入れ方

飲みやすくおいしいコーヒーを入れるための、基本手順をご紹介。ペーパードリップという方法で作るコーヒーは、蒸らす時間によってお好みの味に変えることができるんです。器具も比較的安価で手に入り、溶かすだけのインスタントと比べると本格的なコーヒーのお味が楽しめますよ。

必要な道具と材料(ふたり分)

【道具】
ドリップケトル
ドリッパー
コーヒーポット
コーヒーカップ
ペーパーフィルター:1枚

【材料】
コーヒー豆(中挽き):20g
水:280ml

手順

roomclip.jp

ペーパーフィルターは、このように円錐状の形をしています。ドリッパーにセットをする時は、細く閉じている下側をまず2cmほど折りたたみ、更に側面の片側のみを2cm折り込みましょう。

上部分から中を開いて、ドリッパーの形に合うようにセットすれば完了です。

ペーパーフィルターの中に入れるコーヒー豆は、できるだけ平らになるようにいれましょう。均等に水分があたるようにすることで、味のむらが減りますよ。今回はスッキリ飲めるように、中挽きのコーヒー豆を使用しています。濃い味がお好きであれば、細かめに挽いた豆を使用してみてくださいね。

豆の用意ができたら先の細いドリップケトルで、全体を湿らせる程度の少量の熱湯を注ぎます。1分ほど蒸れるまで待ちましょう。

蒸らし終わったら、お湯を豆に向けてゆっくり円を描くように注いでいきます。お湯を注ぐスピードは、"ぽたぽたと落ちる流れが止まらない程度"を意識するといいですよ。

フィルターにあたるようにお湯を入れたり、一気に入れてしまうと味が薄くなってしまいます。ふんわり広がる豆の香りを楽しむように、お湯を入れる時間も楽しんでみてください。

コーヒーカップはあらかじめ温めておきましょう。コーヒーが急激に冷めにくくなり、おいしく飲むための大切なポイントです。コーヒー豆を蒸らしているときの、余った熱湯を注いでおくとちょうどいいですね。お好みでミルクを添えたら、おいしいコーヒーの完成です!

作るときのコツ

コーヒー豆の量を測って

コーヒー豆は微妙な量の違いにより、できあがったときのお味が大きく変わってきます。さじスプーンよりも、1g単位の数字が見えるデジタル計があると便利ですよ。一般的なひとり分の目安は10gですが、お好みに合わせてひとりあたり5gずつ増やしてもおいしくいただけます。

1杯抽出のドリップでも基本は一緒!

コーヒーポットを使用せずに、コップの上にドリッパーとペーパーフィルターをセットする抽出方法もあります。この方法でも、基本となるお湯の温度や手順は変わりません。最初に豆を蒸らしてから、お湯を回し入れるようにゆっくり注ぎましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ