無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「家飲み」をプチ豪華に♪簡単おつまみレシピ15選

寒い日はまったり家飲みしたくなりませんか?好きなお酒を引き立ててくれるのは、おいしいおつまみ。家飲みなら短時間で作ってゆっくりお酒やおしゃべりを楽しみたいですよね。今回は、野菜多めのおつまみやボリュームおかずなど15レシピをご紹介します。

4575

レシピ

女子が喜ぶ家飲みおつまみレシピ10選

1. 香り野菜と蛸のレモンサラダ

女性に人気のパクチーを使ったエスニック風サラダのレシピです。ナンプラーや唐辛子が入った手作りドレッシングがさっぱりしていてお酒が進みます。タコはしっかり水気をふき取ってから和えると味がなじみやすいですよ。

パクチーやクレソンのシャキシャキ感を楽しみたいので、ドレッシングは食べる直前にかけるのがおすすめです。

macaroni [マカロニ] | 食と暮らしのライフスタイルメディア https://macaro-ni.jp/redirect?url=https%3A%2F%2Fsnapdish.co%2Fd%2F449Xja&summary_id=51204&content_id=172852&content_type=link

2. 白菜とツナのうまだれナムル

塩もみした白菜にツナと鶏ガラスープの素やすりおろしにんにくなどを混ぜるだけで作れる簡単ナムルのレシピです。調理時間は10分あればOKなので、もう少しおつまみがほしい時にもおすすめです。

お酒のおつまみはカロリーが気になる、という方は野菜たっぷりのおつまみでヘルシーに飲んでみませんか?

macaroni [マカロニ] | 食と暮らしのライフスタイルメディア https://macaro-ni.jp/redirect?url=https%3A%2F%2Foceans-nadia.com%2Fuser%2F22780%2Frecipe%2F200327&summary_id=51204&content_id=172868&content_type=link

3. 北京ダック風 生春巻き

片手でぱくっと食べられるおつまみは、家飲みの人気メニュー。高価な北京ダックを鶏もも肉で作って、たっぷりの野菜と一緒に包んでいただきましょう。鶏の照り焼きに使ったタレは、ビールにも日本酒にも合う味。

ジューシーなお肉ときゅうりやレタスの食感を味わいながら食べてみてくださいね。

macaroni [マカロニ] | 食と暮らしのライフスタイルメディア https://macaro-ni.jp/redirect?url=http%3A%2F%2Fpecolly.jp%2Fuser%2Fphotos_detail%2F5158669%3FoffsetId%3D5158669%26offset%3D13%26recipeSort%3D1%26photoType%3Dall%26&summary_id=51204&content_id=172869&content_type=link

4. 蒸し野菜でバーニャカウダ

寒い日の家飲みは温かいおつまみがあるとうれしいですね。女性に人気の蒸し野菜のバーニャカウダは野菜本来の味が楽しめるひと品です。

れんこんやおいもなどの根菜をたくさん入れると歯ざわりもよく、食べごたえもあるのでおすすめ。深い鋳物鍋などで蒸したら、そのままテーブルに運べておしゃれな雰囲気にもなりますよ。

macaroni [マカロニ] | 食と暮らしのライフスタイルメディア https://macaro-ni.jp/redirect?url=http%3A%2F%2Fpecolly.jp%2Fuser%2Fphotos_detail%2F4183851%3FoffsetId%3D4183851%26offset%3D9%26recipeSort%3D1%26photoType%3Dall%26&summary_id=51204&content_id=172872&content_type=link

5. グルメ野菜の焼きピクルス

お酒の箸休めに食べたくなるピクルスをおしゃれにアレンジしたレシピです。少し歯ごたえが残る程度にシャキッと炒めたら、お醤油と赤ワインビネガーで軽く味付け。シンプルな味付けなのに深みがあって、ついつい手が伸びます。

スキレットで焼いたら、そのままテーブルに運べるので楽ちんなのも嬉しいですね。

macaroni [マカロニ] | 食と暮らしのライフスタイルメディア https://macaro-ni.jp/redirect?url=https%3A%2F%2Fsnapdish.co%2Fd%2F19CPya&summary_id=51204&content_id=172916&content_type=link
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ