無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[過緊張で眠れない人へ]心と体をほぐし脳をリラックスさせる「最高の休息法」

美容

顔と体の緊張が取れると脳がリラックス状態に

「顔には30種類以上の表情筋があり、表情筋を働かせる顔面神経は副交感神経系。表情が豊かな人でも表情筋は2割ほどしか使われず、マスク生活では余計に動きが乏しくなっています。なので寝る前に顔ヨガで表情筋を動かすことが大切。交感神経が抑えられて脳が休息状態になり、ヨガ中にあくびが止まらなくなる人も」と藤田先生。
一方のリストラティブヨガは、道具に体をゆだねて完全なリラックス状態をつくるメソッド。

リストラティブヨガ

「つい頑張ってしまう人は力の抜き方がわからず、常に力んでいると、緊張していること自体に気づかないことも。そんなときは横になって、道具に体を預けると自然と脱力しやすくなります。目を閉じてひとつのポーズを5〜10分キープすると脳のリラックスが深まり、スムーズに入眠できます」

リストラティブヨガでリラックス

下半身の緊張をゆるめて内臓をリラックス

ストレスや食べすぎなどの内臓の疲れも睡眠の妨げのもと。横向き寝になり、下半身が脱力した状態になると、胃腸などを支えてい る腸腰筋がゆるみリラックス。一日中使いっぱなし脚は、すねから腿をクッションに預け重力から解放されて。

行い方
左側を下にして横になり、肩の高さぐらいに畳んだバスタオル1枚に頭をのせる。左手を真横に伸ばし、その上にクッションを置き右手を預ける。右膝を曲げたらすねと内腿をクッションに預ける。股関節がつらい人は膝の位置を下げる。反対側も。

5〜10分
photo by Kenji Yamada

POINT
後頭部と仙骨を一直線に

ゆるやかな後屈で深い呼吸をしやすく

腰の下にタオルを入れて腰の位置を高くすると自然に胸が開き、呼吸が深まり自律神経のバランスが安定。鼠蹊部も伸び、股関節まわ りの血流やリンパの流れが回復します。

鼠蹊部

行い方
膝を立てて座り、2枚重ねて三つ折りにしたバスタオルを仙骨にあて仰向けに。フェイスタオル1〜2枚を丸めて首の下の隙間を埋める。脚は楽な幅に開き、かかとを床につけて体を安定させ、腕は体側から離し、手のひらは上に。

photo by Kenji Yamada

5〜10分
photo by Kenji Yamada

POINT
タオルの端を仙骨にあてる

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ