無料の会員登録をすると
お気に入りができます

二度と散らからない部屋に変わる。片付け収納術5つのポイント##整理収納アドバイザー直伝

インテリア

「片付けても、すぐに散らかる」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。忙しい毎日を過ごしていても、常にきれいな空間で過ごしたいものです。今回は「ラクにきれいな部屋をキープできる片付けのコツ」を整理収納アドバイザー1級のSamiaさんに教わります。

www.youtube.com

よく使うモノは、目線から腰くらいまでの高さの場所に収納すると、ストレスなく出し入れできます。台に乗らないと届かないような高い位置、しゃがまないと見えないような低い場所の収納には、使用頻度の低いモノを収納するのがおすすめです。

www.youtube.com

手の届きにくい場所は、思いきって使わないのもひとつの方法です。

【ポイント3】8割収納にして詰め込まない

棚や引き出しにモノがパンパンに詰め込まれた状態では、モノの出し入れがしにくいのでストレスになり、モノの出しっぱなしが増えます。奥に入っているものが見えないので、探し物をする時間が増えたり、存在を忘れてダブり買いしたりすることも増えてしまいがちです。

出典:www.youtube.com出典:www.youtube.com

収納スペースに対してモノは8割くらいの量にして、全体を見渡せるくらいのゆとりのある収納を心がけましょう。

出典:www.youtube.com出典:www.youtube.com
www.youtube.com

例えば、箱ごと収納するとかさばるモノは箱を捨てて中身だけ保管する方法もあります。

すべてのモノに「住所」を作る。

【ポイント4】すべてのモノに住所を作る

www.youtube.com

部屋の中を見渡してみると、しまう場所が決まっていないモノが意外と多いことに気が付きます。そうすると当然、テーブルや棚の上などにモノを置きっぱなしにしてしまいがち。すべてのモノに住所を作って、帰る場所をはっきりさせましょう。おすすめは「つい置いてしまいがちな場所」に収納を設けることです。

www.youtube.com
www.youtube.com

例えば、「帰宅後バッグを戻しに行くのが面倒で、いつもリビングの床の上に置いてしまう」という方は、リビングにバッグを入れるためのかごを用意してみては?

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ