無料の会員登録をすると
お気に入りができます

2022年こそは「朝時間」を充実させたい方へ! 毎朝、4時起きヨガ講師が取り入れる早起き対策4つ

ライフスタイル

「昔から、朝は苦手」「早起きだなんて、とんでもない」…だけど、「朝、充実した時間を送るのって何か良さそう」。そんなみなさんに、サクッと早起きをするための対策をご紹介します。

朝が苦手な方にとって、“早起き”というのは高~いハードル。その言葉を聞くだけで、憂鬱な気持ちになるという方も少なくないでしょう。

ですが、心の中では、ベッドから飛び起きてバタバタと身支度を整え、慌てて家を出る毎日に嫌気がさしているのでは? 2022年は、いつもよりちょっと早起きをして、ゆったりと余裕のある朝時間を過ごしてみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

では、早起きをするためには、どうしたら良いのでしょうか?

今回は、毎朝4時前には起きるヨガインストラクターの筆者が取り入れている“早起きのための対策”を紹介していきたいと思います。

早起き対策その①・・・夕食の時間と量に気をつける

まずは、早起き対策その1。

前日の夕食について。

よく、「寝る2~3時間前には食事を済ませましょう」と言いますが、これは胃の中に入った食べ物は、だいたい2~3時間ほど滞在する(消化に時間がかかる肉や揚げ物などは、4~5時間ほど)と言われているためです。つまりは、食べた物の消化が終わってから寝ましょう、ということ。

なぜなら、寝る直前に食事をしたり、お腹いっぱいになるまで食べたりすると、消化器に血液が集中して、臓器の修復の妨げになるだけでなく、睡眠の質も低下してしまうから。自分では眠って、休息を取ったつもりでも、消化器はフル稼働していますから、翌朝スッキリと起きられないなんてことにもつながるのです。

睡眠中は、胃腸もしっかりと休めて、翌朝の気持ち良い目覚めを促しましょう。

夕食を軽く済ませることで感じる朝の空腹感は、早起きの手助けにもなってくれますよ。

早起き対策その②・・・寝る前に股関節のストレッチをする

寝る前に、股関節のストレッチをするのもオススメです。

というのも、睡眠時には“寝返り”が何度も繰り返されますよね。寝返りは、寝ている間の体の骨や筋肉の位置を整えたり、布団の中の空気を循環させて体温を調整したりと、良い睡眠のために欠かせません。

そして、その寝返りを打つためには、股関節が使われるのです。

股関節は、上半身と下半身をつなぐ人体でもっとも大きな関節。その周辺にはさまざまな筋肉だけでなく、太い動脈・静脈・リンパも流れているため、ストレッチをしてあげることで、筋肉の緊張がほぐれ、下半身の血流が良くなることにも期待できるでしょう。ゆったりとした呼吸と一緒におこなえば、体だけでなく、心の緊張もほぐれてリラックス状態に。

寝る前の股関節ストレッチで、睡眠の質をグッと高めることが、翌朝の爽快な目覚めにつながります。

早起き対策その③・・・30分以上読書をする

夜は、スマートフォンを手に取って、SNSやネットニュースに没頭しがちなのでは?

ですが、みなさんご存じのように、スマートフォンの画面から発せられる光は眠気を弱らせ、脳を覚醒させてしまいます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ