無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[ありがとうセブンさん]子どもがいたって何にも作りたくない日はある!管理栄養士が厳選したレスキュー「コンビニ献立」

グルメ

たまにはこんな日があっても…!セブン-イレブンで購入できる商品を使った、子どもがいる家庭にもおすすめの夕食献立例を紹介します。管理栄養士が幼児の1食分のエネルギーや、栄養バランスを考慮してセレクト。いざというときの参考に!

外食がままならないご時世。
毎日頑張って家族の食事の準備をしているけれど、「忙しくて夕食の準備の時間がない!」「家に食材が何にもない!でもスーパーに子連れで買い物に行くのは大変…」なんていう日もありますよね。

そんなとき、狭い店内でパパッと必要なものだけ買うことができるコンビニは、じつは家族の強い味方。最近ではお弁当だけでなく、夕食に使えそうなおかずもいろいろ売られていますね。

でも、なんとなく罪悪感がぬぐえない…そんなママたちにもおすすめなのがセブン-イレブンで購入できるシリーズ「セブンプレミアム」。夕食の献立に取り入れられる商品が多くあるんです。

今回はそんな「セブンプレミアム」など、セブン-イレブンで購入できるものだけを使った、栄養面でもバランスのとれた献立をご紹介します。

サバの味噌煮の献立

今回紹介するのは、子どもが食べやすいお魚おかず「サバの味噌煮」を主菜にした和の献立です。

こちらは就学前の幼児に適した分量です。

幼児食の基本の記事で詳しく解説しましたが、幼児食後期(3歳〜5歳)の1日に必要なカロリーは女児で1,250kcal、男児で1,300kcal。そのうち、夕飯では4割程度を目安にとると良いでしょう。

とすると、夕食にとるカロリーの目安は500kcal程度。おうちで作る料理はなかなか計算できないので、大人の半分強の量を目安にとしていますが、セブンプレミアムの商品はすべてパッケージにカロリーが記載されていて便利。

幼児後期の一食のご飯の量は120gでおよそ200kcal。残り300kcalをおかずで摂取するといいですね。疲れている日ですからそんなに厳密になる必要はありません。
主菜はたんぱく質を中心としたメニューで、今回でいえば「サバの味噌煮」。副菜は野菜やいも類などを中心にとれるメニューで、今回は「納豆とろろおくら」と「かぼちゃサラダ」を選んでみました。

汁物は塩分の問題もあるので、毎回つける必要はありませんが、汁物があったほうが飲み込みやすかったり、白米が食べやすい子も多いですよね。今回はサバが味噌煮だったので、味噌汁ではなく卵のスープを選びました。

ここからはより詳しく1品ずつ紹介していきましょう。

主菜:骨もなく甘めの味付けで食べやすい「さばの味噌煮」

「生姜香るさばの味噌煮」1切れ入り 213円

袋のまま湯煎、もしくはお皿に出してから電子レンジで温めます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ