無料の会員登録をすると
お気に入りができます

野菜ソムリエいちおし!食卓で映える野菜「紅芯大根」の食べ方

野菜ソムリエが教える〇〇野菜。今回のテーマは「食卓で映える野菜」です。なかでも鮮やかな紅色がひときわ目を引く「紅芯大根」をご紹介。大根は今がまさに旬!おいしく、目に美しく、食卓で映えるレシピをお教えします。その仲間とロマネスコも一緒に料理しますよ!

akiharahetta

レシピ

食卓に華を添える赤い大根

Photo by akiharahetta

ちょっと気になるこの真っ赤な大根。名前を「紅芯大根」と言います。バーニャカウダやサラダなどで見かけますよね。数種類いる仲間たちもそれぞれカラフルで、色の入り方が微妙に違うんです。

辛みが少なく甘みが多いという特徴があり、サラダや甘酢漬けなどに向いていますが、加熱してもおいしくいただけるんです。少しひねりを加えたレシピもご紹介しますので、ぜひ作ってみてくださいね。

外見は普通の大根と同じ!白いんです。

Photo by akiharahetta

紅芯大根は白くてずんぐりとした外見をしています。外皮は普通の大根と変わらない色なので、うっかりすると、スルーしてしまいそうです。購入の際は商品名をよく確認してくださいね。

切ってびっくり!中だけ赤い

Photo by akiharahetta

外見からは想像できない鮮やかな色をしています。グラデーションがなんとも美しいですよね。パリパリとした歯ごたえで、お弁当の彩りもちょうどいいんです。

仲間もご紹介!むらさき色の「紅しぐれ」

Photo by akiharahetta

こちらも紅芯大根の仲間で、むらさき色の大根です。中はどうなっているのでしょうか?

中はタイダイカラー!

Photo by akiharahetta

紅芯大根の仲間には「皮と中心部分に色が入っているもの」があり、紅しぐれはこの部類になります。美しい絞り染めのような模様が特徴です。この模様を生かした野菜のお寿司など、おもてなし料理にも向いています。

紅芯大根をおいしく食べる3つのレシピ

1. 乙女心がうずく「ピンクジェノベーゼ」

Photo by akiharahetta

ゆでて甘み引き出した野菜が、ほっとするおいしさの冬向きのジェノベーゼです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ