無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ポーズ力を上げる!キーマッスル“体幹”を鍛える「ヨガ筋トレ」

いつも同じポーズでアライメントが崩れやすかったり、キープが辛かったりするのは、カギを握る筋肉が不足しているからかもしれません。そこを効率よく鍛えるトレーニングで、あなたの「できない」を克服。日本のみならずハワイでも支持される人気ヨガインストラクター、エドワーズ壽里先生に教えていただきました。今回のテーマは、体幹!

ヨガジャーナル日本版編集部

ヘルスケア

「できない」お悩み1:プランクポーズでお腹が落ちちゃう...

NG:体幹から力が抜け、お腹が引き上がらない

プランクポーズのNG/Photo by Sayaka Ono

A:肘をつき、お腹&背中に集中アプローチ

お腹を真っすぐキープするのに重要なのは、お腹と背中の筋力。肘をつき、腕への負荷を軽減させて体幹に意識を集中し、腹筋&背筋を鍛えましょう。

体幹

プランクポーズ/Photo by Sayaka Ono

HOW TO

四つん這いになり、肘から下を床につけて両手を組む。片脚ずつ後ろに伸ばしてつま先を立て、こぶしで床を押しながら体幹を床と平行に保って20秒キープ。

体幹

POINT:こぶしで床を押す。肘は肩の下に。

プランクポーズのトレーニング/Photo by Sayaka Ono

「できない」お悩み2:ナーヴァーサナでお腹がプルプル。膝下も伸ばせない

NG:背中が丸まり、下半身に力が入らない状態に

ナーヴァーサナのNG/Photo by Sayaka Ono

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ