無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ポーズ力を上げる!キーマッスル“体幹”を鍛える「ヨガ筋トレ」

いつも同じポーズでアライメントが崩れやすかったり、キープが辛かったりするのは、カギを握る筋肉が不足しているからかもしれません。そこを効率よく鍛えるトレーニングで、あなたの「できない」を克服。日本のみならずハワイでも支持される人気ヨガインストラクター、エドワーズ壽里先生に教えていただきました。今回のテーマは、体幹!

ヨガジャーナル日本版編集部

ヘルスケア

A:斜め姿勢でブロックを挟み体幹&内腿を刺激する

上体を傾けて両脚でブロックを挟みます。体幹と内腿の筋肉が鍛えられ、V字姿勢をキープする力がUP。慣れたら負荷を高めたバージョンにトライして。

ブロック
体幹

ナーヴァーサナ/Photo by Sayaka Ono

HOW TO

膝を立てて座り、かかとを床につける。膝の間にブロックを入れ、ギュッと強く挟む。両手を膝の下に添え、坐骨を立て、背骨を伸ばしたまま背中を後ろに傾けて20秒キープ。

ブロック

ナーヴァーサナのトレーニング/Photo by Sayaka Ono

STEP UP★★

慣れてきたら、膝を持っていた手を離し、体幹を使ってキープ。

体幹

ナーヴァーサナのトレーニング/Photo by Sayaka Ono

STEP UP★★★

さらに、余裕がある人は両足を床から上げ、膝下を床と平行に保って。

ナーヴァーサナのトレーニング/Photo by Sayaka Ono

教えてくれたのは...エドワーズ壽里先生
カリフォルニアでヨガと出会い、ハワイ移住後、インストラクターになる。日本のみならず、ハワイローカルにも支持され、アメリカでのヨガイベントに多数出演。サーフィンやトライアスロンなどの趣味も持ち「一日一汗」を実践している。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ