無料の会員登録をすると
お気に入りができます

花粉症による鼻づまりを解消する簡単ヨガポーズ2つ

春にかけて、花粉症の人にとってはツライ季節。「鼻づまりで息苦しい」「鼻づまりで食べ物の味がわからない…」という人におすすめ、鼻づまりを解消する簡単ヨガポーズをご紹介。今日から試してみて!

ヨガジャーナル日本版編集部

ヘルスケア

鼻の通りをよくするふたつのポーズを紹介。花粉症以外の理由で鼻がつまっているときにもおすすめです。

鼻づまりを解消するポーズ1:鋤のポーズ

鋤のポーズ(Photo by MORI KODA)

端が肩の線から数センチ出るようにブランケットを敷き、仰向けになる。背中を両手で支え、足先を頭の向こうの床へ下ろす。肩甲骨を寄せて手を組む。後頭部で床を押し、喉が窮屈にならないように。10呼吸置く。

ブランケット

鼻づまりを解消するポーズ2:魚のポーズ

魚のポーズ(Photo by MORI KODA)

仰向けになって肘を立てる。肘で床を押しながら上体を持ち上げて、頭頂部を床につける。胸は高く保つ。肘で床を押し続け、頭頂部は触れる程度で重心をかけないこと。10呼吸ステイする。

教えてくれたのは…キミ先生
スタジオ・ヨギーのスクールディレクター。アヌサラ・インスパイアド・ティーチャー、シヴァナンダヨガ認定講師、全米ヨガアライアンス認定E-RYT500。日・米・インドを行き来しつつ、ポーズだけでなく解剖学、呼吸法、瞑想、哲学などさまざまな角度からヨガを伝える。本やCD の企画・監修、指導者育成にも積極的に取り組む。

シヴァナンダヨガ
全米ヨガアライアンス
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ