無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カルディでも買えるよ!お正月太りは“低糖質・高たんぱく質”な「豆腐干」でダイエット

美容

お正月太りをちゃらにしたい!

低糖質・高たんぱく質「豆腐干」がすごいんです

@yushoku_inc / Instagram

暴飲暴食の機会が増える年末年始。気づけば数キロ体重が増えてしまった…という人も多いのでは?そこで今回は、トレンドに敏感な人たちの間で注目を集めている、低糖質で高たんぱく質な「豆腐干(とうふかん)」を使った、ダイエットにもぴったりのヘルシーレシピをご紹介します。

「豆腐干(とうふかん)」ってな〜に?

いま話題のヘルシー食材なんです

冷凍されているのでカチコチです。

とうふぼし?と読んでしまいそうな「豆腐干(とうふかん)」は、豆腐に圧力をかけて水分を抜き、軽く乾燥させた中華圏の伝統食材。低糖質で高たんぱく質なヘルシー食材は「家事ヤロウ!!!」「バゲット」などテレビでも紹介されて話題に。カルディコーヒーファームをはじめ、グルメの感度が高い小売店などでも購入できます。

優食の「豆腐干」の栄養成分(100gあたり)

気になる栄養成分はこちら。糖質1.8gというのがダイエッターには嬉しい!糖質が少ないので、食べたあと眠くなりにくいのもポイントです。

エネルギー:214kcal
たんぱく質:23.0g
脂質:12.5g
炭水化物:2.8g
糖質:1.8g
食物繊維:1.0g
食塩相当量:8.3mg
※(一財)日本食品分析センター調べ
※サンプル品分析による推定値

ロングタイプは、パスタや中華麺、うどんなどの麺類と同じように調理できるので代替麺としても◎。5~6㎝長さにカットされたショートタイプは、和えたり炒めるのに便利です。帯状の平切りは、汁気の多いお鍋や煮物に入れても美味しいですよ。

解凍して茹でるだけ!

yushoku.co.jp

豆腐干は冷凍されているので、調理の前に解凍・茹でるのが鉄則。
調理方法はとっても簡単で、冷凍されている豆腐干を調理前に解凍して、たっぷりのお湯で5分茹でればOKです。そのまま和えるのはもちろん、炒めたり煮たりして調理ができるので、いろんな食べ方を自由に楽しんで♡

茹でた豆腐干をそのまま食べてみると、大豆のさっぱりした味わいと、独特な弾力がありました。良い意味でプレーンな味だから、どんな味つけにも相性が合うのかも。また、しっかり噛むからか、少量でも満腹感を得られました。

「豆腐干」の解凍とゆで方の詳細

作ってみたい!豆腐干レシピ

①豆腐干、豚バラ、野菜のみそ炒め

記事に関するお問い合わせ