無料の会員登録をすると
お気に入りができます

スッパさが癖になる〜ぅ♡しゃぶしゃぶ温野菜「梅しゃぶ」試食レポ!

グルメ

“梅しゃぶ”が進化して帰ってきた♡

しゃぶしゃぶ温野菜には、春のおだしとして大人気の“梅しゃぶ”があることをご存知ですか?今年は定番の「紀州梅しゃぶだし」に、ピリッと辛い「山椒香る梅辛味だし」が加わり、好きな方を選べるようになりました。

定番もいいけど新しい梅しゃぶも気になる!ということで、2019年3月7日(木)〜5月8日(水)期間限定の梅しゃぶを味わいにLOCARI編集部が試食してきた様子をレポートします。

どっちを選ぶ?2種の梅しゃぶを解説

定番の「紀州梅しゃぶだし」

毎年楽しみに待ちわびるファンも多いという定番の「紀州梅しゃぶだし」。鰹をベースにした出汁に、梅酒・はちみつを加えることで甘みとコクが生まれ食べやすくなりました。和風のさっぱりとした味が好きな方におすすめです。

ピリ辛の「山椒香る梅辛味だし」

定番の「紀州梅しゃぶだし」に、山椒と唐辛子をピリッと効かせたのが「山椒香る梅辛味だし」。鰹×梅×山椒と、日本ならではの伝統的な風味を堪能することができます。山椒の辛みが好きな方にはたまらないのではないでしょうか。

2種の梅しゃぶを食べ比べ♡

注文時に2種類のだしから好きな方を選びますが、今回は特別に両方を試食させていただきました。仕切りがついた鍋の右側が定番の「紀州梅しゃぶだし」、左側がピリ辛の「山椒香る梅辛味だし」です。どちらも大きな紀州南高梅が1つずつ入っています。

旬のクレソンを梅でさっぱりいただきます♡

今年の梅しゃぶの最大ポイントは、今が旬のクレソンの食べ放題。梅とクレソンの組み合わせに意外性を感じますが、実はとっても相性がいいんです。ちなみに、クレソンといっしょにハート型に盛り付けられているのは、ピンク色のマロニーちゃんです。

「紀州梅しゃぶだし」を試食!

ハリのある大きなクレソンも、しゃぶしゃぶしてみるとこの通り。だしにくぐらせることでしなやかになりました。つやつやとした美しいグリーンが食欲をそそります。

記事に関するお問い合わせ