無料の会員登録をすると
お気に入りができます

覚えておきたいヨガの代表ポーズ「戦士のポーズ2」をマスターしよう

ヘルスケア

「ヨガスタジオでのレッスンがちょっと不安」というときは、まず、これらの基本ポーズを押さえておくと安心です。どれもクラスでよく登場するおなじみのアーサナで、ヨガで学ぶべき要素がぎっしりと詰まっています。今回は、モデルでヨガティーチャーの野沢和香さんに「戦士のポーズ2」を教わります。

ヨガジャーナル日本版編集部

前の脚が疲れる人は、骨盤を立て、上体は常に床と垂直で

骨盤が前傾していると体重が前方へスライドし、前脚にかかる負担が大きくなります。ポーズに入る前に、まずはしっかり骨盤を立てること。腕を伸ばした後も、上体は常に床と垂直です。

OK:小指の外側でも床を押す

OK/photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

NG:前のめりになると膝に負担が

NG/photo by Nobuhiro Miyoshi(RELATION)

前膝が内に入ってしまう時は後ろのつま先を少し前へ

股関節の柔軟性が不足していると、膝が内側に入りがち。後ろの足を調整しつま先を前へ出すと、後ろの骨盤が自然と前へ向き、膝が正面を向きやすくなります。

教えてくれたのは…野沢和香先生
モデル・ヨガインストラクター。『VERY』(光文社)など、雑誌やCMで活躍。2007年に全米ヨガアライアンスを取得、ヨガ講師としても様々なイベントで活躍、丁寧な指導に多くのヨギから支持を集めている。

全米ヨガアライアンス
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ