無料の会員登録をすると
お気に入りができます

臀筋や腹筋をしなやかに保つのがカギ!柔軟性を高める筋トレ&ストレッチ

美容

大きな筋肉のトレーニングとストレッチで柔軟性UP

「子供の頃から体操、ダンス、短距離走とスポーツ三昧でした。ランにおいても筋肉を効率的に動かすには適度な柔軟性が必要。けがをして休んだら、体が硬くなってしまった経験を踏まえ、ストレッチは欠かしません。また、しなやかな筋肉は柔軟性も高めるので、コア&ヒップトレーニングが朝の日課に。股関節や肩甲骨まわり、臀部の大きな筋肉を使うと、血流と代謝が良くなり体が動きやすくなります」(HIKARU先生)

コア

◆柔軟性もUPする臀筋トレーニング

臀筋は上半身と下半身をつなぐ重要な筋肉です。股関節や骨盤を支える役割もあり、臀筋がしなやかであれば腰まわりの柔軟性につながります。

HOW TO

1.仰向けで両膝を立てる。脚は腰幅に開き、かかとはお尻からこぶし3個分離す。

photo by Shoko Matsuhashi

2.丹田、お尻、内転筋を意識。息を吐きながら背骨を下からひとつずつ離して体をUP。

photo by Shoko Matsuhashi

3.胸~膝を一直線にして4秒キープ。息を吐きながら背骨を上からひとつずつ床に下ろす。10回行う。

photo by Shoko Matsuhashi

POINT:肩と足裏を支点にして体を持ち上げる。丹田、お尻、内転筋は力を抜かないようにする。

photo by Shoko Matsuhashi

◆丹田まわりの筋肉と臀筋を強化しよう

お腹とお尻の筋肉をダブルで鍛えられるワーク。両手で床を押す力と、お腹を引き込む力が使えると肩甲骨まわりがラクに。胸式呼吸は肩が上がるので、腹式呼吸で行います。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ