無料の会員登録をすると
お気に入りができます

夏バテ知らずななすレシピ5選!「塩レモンみそあえ」が激ウマ[MOMOEの夏野菜料理vol.3]

レシピ

夏バテ効果が期待できるなす

www.photo-ac.com

【なすの栄養】
なすは、野菜のなかでもエネルギーが低いのが特徴です。また、なすの色素成分であるナスニンと、果肉に含まれるクロロゲン酸は、生活習慣病予防の効果で話題の抗酸化成分。ナスニンは、視力改善の効果や疲れ目、ドライアイの予防にも効果があるとされます。ナスニンは、油で調理することで流出が抑えられます。クロロゲン酸は水に溶けるので、長時間水にさらさない方がよいでしょう。
またなすには、カリウムも含まれています。カリウムには利尿作用や体内の塩分バランスを整える働きがあるほか、体の熱を逃がす作用があるので、夏バテ解消の効果も期待できます。

なすとみょうがの浅漬け

やわらかな酸味で、なすの甘みを引き出して。

塩で水分を抜いてから、味を含ませます。白バルサミコ酢がなければ、米酢でも。

【材料】(作りやすい分量、約4人分)
なす…2本
みょうが…2個
A
白バルサミコ酢…大さじ1
いり白ごま…大さじ1/2

【作り方】
①なすは縦半分に切って斜め薄切りにし、みょうがはせん切りにする。
②ボウルに①を入れて塩小さじ1をふって混ぜ、20分ほどおく。水けをしぼり、Aを加えてあえる。

グリルなすのエスニック風

香ばしく焼いたなすが、パクチーの香りと好相性。

なすに香ばしい焼き色がつくまで我慢。たっぷりのパクチーを巻いて食べると美味。

【材料】(2人分)
なす…4本
A
ナンプラー…大さじ2
レモン汁…大さじ2
砂糖…大さじ1
オリーブオイル…大さじ1

パクチー…適量
糸唐辛子…ひとつまみ
塩、サラダ油

【作り方】
①なすは縦4等分に切り、キッチンペーパーの上に並べて塩小さじ1をふり、水けが出てきたら拭く。
②フライパンにサラダ油大さじ1を弱めの中火で熱して①を並べ、両面に焼き色がつくまでしっかり焼く。
③②を器に盛り、よく混ぜ合わせたAをかけ、パクチーと糸唐辛子をのせる。

<Vege POINT>
味がよくからむように塩をまぶして中の水分を抜く。アク抜きの効果も。

揚げなすの塩レモンみそあえ

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ