無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ポジティブさを取り戻すヨガ|迷い悩んだ日に行いたい16のポーズ

美容

ヨガでポジティブさを取り戻そう!

ヨガの練習では正反対のことを行うチャンスがある。たとえば、私たちは空に向かうために大地に根をおろす方法や、虚空の充足を得るために息を吐ききる方法を学んでいく。また、ヨガを使って、安らぎと可能性という相反する考えを受け入れることもできる。結局、安らぎとはあるがままの世界と調和していると感じることであり、可能性とは手に入れたい何かがあることを意味しているのだ。

心に安らぎと可能性の両方を感じられるようになれば、プロセスを手放し、信頼しながら、積極的な創造的活動をバランスよくできるようになるだろう。つまり、人生をコントロールしようと躍起になるのではなく(そしてその結果、興奮し、不安になりながら期待するのではなく)、人生が展開していれば、それでいいのだ。

このフローのピークとなるバッタのポーズがそういう気持ちを表している。バッタのポーズに至るまでのポーズはどれも、股関節と腹斜筋を開くのを助けるほか、手のバランスをよくする。

バッタのポーズ

ポジティブさを取り戻すヨガポーズ

1.エーカパーダドームカシュヴァーナーサナ(片足の下向きの犬のポーズ)

エーカパーダドームカシュヴァーナーサナ(片足の下向きの犬のポーズ)

ダウンドッグになり、必要な調整をしてポーズを落ち着かせ、5回呼吸する間保つ。次に、息を吸いながら、両手全体でマットをしっかり押し、右脚を引き上げて伸ばす。右のかかとを押し、横隔膜を動かして背骨を引っ張る。

2.ハイランジ、バリエーション

ハイランジ、バリエーション

右足を両手の間に踏み込み、ハイランジに入る。肩と腰をそれぞれ水平に保つ。左の股関節が伸びていることに意識を集中する。両腕を上へ伸ばす。関節に問題がなければ、写真のように右手を左太腿の外側に当て、股関節のストレッチを深めてもよい。深い呼吸を続けながら45秒間保つ。

ハイランジ

3.パリヴルッタトリコナーサナ(ねじった三角のポーズ)

パリヴルッタトリコナーサナ(ねじった三角のポーズ)

ハイランジ、バリエーションのポーズから吐く息で右脚を伸ばし、左手を右足の内側の床におく。次に、上体からねじって、右腰の裏側を後方に押す。こうすると、中臀筋と腸脛靱帯のストレッチが強化される。左のつま先を働かせ続けて、背筋を伸ばす。深い呼吸を続けながら45秒間保つ。
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ