無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[早起き習慣♪]管理栄養士おすすめの朝食1週間献立

レシピ

1日を元気に過ごすためにも、健康的な身体を手に入れるためにも、毎日しっかり朝食を摂ることはとても大切!今回は、1日をハッピーに、そして健康的に過ごせる1週間分の朝食の献立を管理栄養士がご紹介いたします♪

朝食を食べるメリットとは?

代謝UP

朝食は、眠っていた身体を目覚めさせる大切なスイッチ。朝食を摂ることで体温が上がり、代謝UPにつながります。

食べ過ぎ・早食い防止

朝食を摂ってしっかりお腹を満たすことで、間食を減らしたり、その後のお食事の食べ過ぎや早食いを防いだりすることにも役立ちます。

体内時計を整える

体内時計を整えるのも朝食の大切な役割。1日は24時間ですが、私たちの身体の体内時計は25時間周期で1時間分のズレがあります。朝日をしっかり浴びて朝食を摂ることで、体内時計がリセットされ、24時間の周期に合わせてくれますよ。生活リズムが整うことで、より活動的に1日を過ごすことができますね。

お通じもスムーズに

食事や飲み物が胃に入ることで反射的に大腸が動き、スムーズなお通じに繋がります。この反射は朝に最も強く起こるため、便秘予防のためにも朝食を摂ることはとても大切な習慣なんです。

【素朴な疑問】どうしてダイエット中に「食物繊維」を摂った方がいいの?

どんな朝食を食べればいい?

3点セットをそろえましょう

お食事は、

●主食:エネルギー源となる炭水化物を多く含むごはん・パン等
●主菜:代謝をしっかり上げるために欠かせないたんぱく質を多く含む肉・魚・卵・乳製品・大豆製品等
●副菜:ビタミン・ミネラル・食物繊維を摂るために欠かせない野菜、海藻、きのこ等

の3点をしっかり揃えるのがとても大切。ぜひ、毎朝この3点を揃えて食べることを意識していきましょう!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ