無料の会員登録をすると
お気に入りができます

セリアがまさかの1位! 有名キッチンブランドを超えたその理由は…?[10製品比較]

別名「ターナー」とも呼ばれる調理器具の定番「フライ返し」。返すだけと侮るなかれ!その一手間に料理成功のカギがかかっているのです。素材もシリコンやステンレス、ナイロンなど色々な種類がある「フライ返し」。さらには100均やニトリ、OXOなどブランドもさまざまです。そこで、この中で一番使えるものは何なのか、実際に人気商品を料理のプロと一緒に比べてみました。

増田 乃律子/Test by LDK編集部

100yen

選ぶ前に知っておきたい!フライ返しとフライパンとの相性

フライ返しは、炒め物やホットケーキで必ず使うキッチンツール。でも実は、知らない間にフライパンへダメージを与えている可能性があります。

また、なんとなく選んでしまって「使いにくいけど…」と我慢しながら使うのはもったいない! 良いフライ返しなら、料理がもっと美味しく作れますよ。

今回はフライ返しの失敗しない選び方と、おすすめのフライ返しをランキング形式でご紹介します。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

[選ぶ前に]知らなきゃ損!実は大切なフライ返しの素材選び

まずフライ返しを選ぶ前にチェックしておきたいのが、自宅にあるフライパンや鍋の材質とフライ返しの素材です。

この表にあるとおり、フライパンの材質を選ばないフライ返しの素材は、柔らかく傷つきにくいシリコンか万能な木です。

ステンレスは鉄鍋や同じステンレスのフライパンなら問題ありませんが、他の素材は傷をつけてしまう可能性が高いので注意が必要。

100均等でよく使われているプラスチック(ナイロン)は、万能ではあるもののテフロンやホーローだと傷つく恐れがあります。

…それでは、万能な木製でいい! と急ぎそうですが、ちょっと待ってください。木は、食材を「ひっくり返す」よりも混ぜたり炒めたり、「色々なことに使える」のが得意なタイプ。

今回は「食材をひっくり返す」というテーマに注目しているため、混ぜたり炒めることを得意とする木のフライ返しはセレクトから除外することにしました。

自宅にあるフライパンや鍋に傷をつけない素材を選べば、どちらも長く使うことができますよ。

[選び方]フライ返しの条件は2つ返しやすさと毎日の扱いやすさ

だんだんと「本当に使えるフライ返し」がどんなものなのか、見えてきました。ではフライ返しの失敗しない選び方をご紹介しましょう。

ポイント①:安定して食材を返しやすいか?

フライ返したるもの、食材の返しやすさが重要。先端の形状や大きさ、そして厚みにより返しやすさに差が出てきます。先端部が小さかったり頼りないものだと、大きな食材をひっくり返しにくいんです。

例えば、お好み焼きやホットケーキなど大きなものを返すにはヘラにそれなりの大きさが必要です。また、ヘラと持ち手の角度が急すぎてもやりにくさが生じてしまうことも。

ポイント②:毎日ストレスなく使えるか?

写真/PIXTA

フライパンの上で使うときはもちろんのこと、お手入れのしやすさ、収納しやすさも見過ごせません。さらには耐熱性があるかなども選ぶ際のポイントになります。

[テスト方法]フライ返し10品を料理のプロ2名が徹底検証!

この「選び方」をもとに今回テストするポイントとして焦点を当てたのは、「返しやすさ」「お手入れ」「使い勝手」の3点です。これらを総合して100点満点で評価しました。

[テスト①返しやすさ:配点40点]

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ