無料の会員登録をすると
お気に入りができます

代々木公園人気ベーカリー「365日」が農業を始めた理由 vol.2

グルメ

パン職人、農業のプロに自然農法を習う

Photo by 濱口太

このシリーズでは、農業に力を注ぎはじめた、パン職人杉窪章匡さんの考え方を紹介していきます。第1回は、下記からご覧ください。

3年前、365日の杉窪章匡さんに、ジョン・ムーアさんが、「もっと小麦を知るためにも自分で栽培したほうがいい」と進言しました。
ジョンさんは、一般社団法人「SEEDS OF LIFE」の代表理事です。小麦をはじめとする、昔ながらの伝統的な在来種の植物を長年育ててきました。

ジョンさんは杉窪さんに、恵泉女学園大学人間社会学部(東京都多摩市)の澤登早苗教授を紹介しました。

Photo by 一般社団法人「SEEDS OF LIFE」

小麦を収穫中のジョン・ムーアさん

そして昨春。澤登先生、杉窪さん、ジョンさんの3人が、大学の畑に集まりました。ジョンさんが持参した小麦の種をまくためです。

まずは杉窪さんに、小麦栽培を肌で感じてもらう。それが目的だったので、収穫量は二の次。2m四方の畑2枚で小麦を育てることに。ほぼ同時期、ジャガイモの作付けも行なったそうです。
そして6月、小麦とジャガイモを収穫しました。

Photo by 濱口太

澤登先生は、社会人を対象とした公開講座を行なっています。公開講座は、ほぼ2週間に一度開催されます。大学の畑で野菜を自然農法で育てる、実践形式の公開講座です。その公開講座を、杉窪さんは昨年4月から受講しています。

澤登先生は、杉窪さんに自然農法を教えつつ、杉窪さんが農業にチャレンジする畑を探しました。それが、杉窪さんが小麦を栽培した畑です。大学から徒歩10分ほどの場所にある町田市内の休耕地でした。面積は約2反(600坪)。地主さんが高齢になり、耕作ができなくなっていたところを、澤登先生と一緒に、農業委員を務める近所の農家が世話してくれたのです。

Photo by 濱口太

杉窪さんが店のスタッフと草刈りをし、別の農業委員の方がトラクターで耕してくれました。
その畑に昨年暮れ、杉窪さんは、いろいろな品種の小麦をまいたというわけです。

収穫するまでの間、杉窪さんは、とくに何もしなかったそうです。稲も小麦と同じ穀物ですが、稲は除草が欠かせません。小麦もときに除草をすることはあっても、小麦ほど栽培が簡単な作物はないとジョンさんは説きます。

「私は、20年小麦を栽培していますが、種をまいたら収穫するまで何もしません。放ったらかし(笑)。小麦はなにもしなくてもOK」(ジョン・ムーアさん)

渋谷に小麦畑。「GREEN THUMB」(グリーンサム)のシンボル

Photo by 濱口太

【GREEN THUMB】
住所/東京都渋谷区桜丘町28-9
電話03-6452-5611
営業8時〜18時
無休

その栽培スタイルを実践している畑が、渋谷区桜丘町にあります。杉窪さんがプロデュースする「GREEN THUMB」(グリーンサム)です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ