無料の会員登録をすると
お気に入りができます

残暑不調を乗り切る!初心者にも簡単ヨガポーズ3選|チェックリスト付き

美容

秋は不調が出やすい季節

こんな症状はありませんか?

☑肩こり
☑冷え
☑むくみ
☑胃腸の調子が悪い
☑疲れがとれない
☑だるくてやる気が出ない

2つ以上当てはまる方はもしかしたら「残暑不調」かもしれません。

夏の時期はその暑さから体力を消耗しやすく、また消化力も低下する季節です。その夏の疲れや体内の熱が溜まる秋口に不調という症状として出て来やすくなります。

中でも「疲れがとれない」「だるくてやる気が出ない」という不調を抱える方が目立ちます。そうするとなかなか動く気にはなれないかもしれませんが、実はそんな時こそ動くことをおすすめします!

残暑不調の原因とは

大きな原因と考えられるのは部屋の外の気温と部屋の中の気温の寒暖差。暑い外とエアコンがキンキンに効いた部屋との行き来が多くなる夏は自律神経を大きく乱します。それだけではなく、どうしても沢山摂ってしまいがちな冷たい食べ物や飲み物、また寝苦しい夜に起こりがちな睡眠不足も自律神経の乱れに関与してきます。

自律神経の乱れは血流を悪化させ、その結果肩こりや冷え、むくみを招き、さらには全身の細胞に栄養や酸素が行き届かなくなることで胃腸の疲れやだるさを引き起こします。

血流の悪化から来る症状は血流を良くすることで改善出来ます。積極的に動くことで血流をアップさせ、かつ自律神経を整えてくれるヨガポーズをご紹介します!

残暑不調撃退!3つのおすすめヨガポーズ

①キャット&カウ

背骨を大きく使うこのヨガポーズは自律神経を整えるのに最適なポーズです。

キャットポーズ

カウポーズ

<やり方>

・まずは四つ這いになります。
・吸う呼吸で骨盤を反り、背骨のアーチを作るように胸を開いて少し視線を上げます。
・吐く呼吸で骨盤を丸め、背骨も天井に向かって丸め目線をおへその方へと落とします。
・これを1セットとして呼吸に合わせて5セットほど行いましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ